スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月17日、Little Glee Monsterライブ @ 表参道GROUND #2

「2013年10月17日、Little Glee Monsterライブ @ 表参道GROUND #1」の続き。

とまあ、いくぶん冷静に見られるようになったということなのかもしれないが、初めて見たときの驚きや満足感はなかった。しかしこのグループはいろいろと考えるきっかけを与えてくれ、これまで知らなかった世界をかいまみせてくれたりして興味深い。

特に、これまで見てきた日本的アイドルからのずれが面白く、自分がアイドルにどんなものを望んできて、どんな側面を楽しんできたのかを改めて気づかされた点がいくつかあった。これについてはいつか稿を改めて書いてみたい。


● 公演中にも言及があったが、前回のライブ以降、SERINA (長谷川芹奈)が9月28日の『関ジャニの仕分∞~全国歌うまキッズ 最強NO.1決定戦!~』、MANAKA (福本まなか)が9月29日の『ものまねグランプリ』に出演している。私は番組を見ていないのでどんな感じだったのか知らないのだが、YouTubeにいくつか断片的な動画があった。たとえば長谷川芹奈はhttp://youtu.be/Rz7HQCAQTgo?t=1m49s、福本まなかはhttp://www.youtube.com/watch?v=JvLLwPSOdyw)。どちらも優勝したとのこと。

この2人だけでなく他のメンバーたちもだいたいこの手の「お子様カラオケ・コンテスト」みたいなものの「出身」であるようだ。

本気で歌手のキャリアを目指すならカラオケ・コンテストも物まねも害にしかならなさそうだが、この手の番組に継続的に出演することで本人だけでなくグループの宣伝になるのだから難しい話ではある。


● メンバーたちがものすごく若く感じられた。新生モーニング娘。を筆頭に、中学生中心のグループをたくさん見ておいて何をいまさらという感じだが、そういう人たちはアイドル的なもので武装することで、このむき出しの若さを隠しているんだなということを改めて気づかされた。

それで改めてわかったのは、私が等身大の中学生を見たいとは思っていないこと。今回のライブの、特にソロで歌われた数曲は、あまりにも等身大の中学生の発表会っぽくてキツかった。


● 前回の公演で不慣れな様子を見せていた福本まなかが完全に馴染んで、ステージ上で堂々と振る舞っていた。そうなってみると、たしかにこの人にはスター性を感じさせられる。

この人はメンバー7人の中に置くと、歌の技術的な面では特に上手い部類に入るわけではない。ほぼ地声の範囲内で歌っているし、前回と同じく自己紹介ソロのときにグルーヴの欠如が目立つ。しかし、その年齢と容姿には不釣り合いの深みのある声がやっぱり凄くて、この人のソロ・パートはすぐにわかる。歌手にとってほんとうに重要なのは声の質なのだ、と思わせるパワーがある。

たぶんヴォーカル・グループでこういうのはあまりよくない。ということを含めて、ソロ・シンガー指向っぽい人たちばかりのこのグループの今後の方向性はスリリングではある。けれども本人たちはもちろん個々のメンバーのファンにとってはキツいんじゃなかろうか。


● バンドは今回もよかった。ドラムスは同じ人で加藤聡という人(http://tribalance.exblog.jp/)。名前とURLだけ記録しておく。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。