スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月27日、東京女子流リリース・イベント @ 東武百貨店池袋店

2013年9月27日、東京女子流の9月25日発売の新曲『Get The Star / Last Forever』のリリース・イベントを見に、東武百貨店池袋店のスカイデッキ広場に行ってきた。

東京女子流を生で見るのは2012年5月の日比谷野外音楽堂以来なのでほぼ1年半ぶり。この間に武道館公演や年齢の公式発表などの出来事はあったが、出したシングルは今回のを含めて3枚のみなので、それほど多くを見逃したという感じがしない。

今回の2曲はどちらもLUNA SEAのJが作曲をしており、松井寛が編曲をしていないTGS通番外の曲で、これまでのファンク路線ともアイドル路線とも違うものになっている。「凡庸なJpop路線」とでも呼ぶべきか("Get The Star"の短縮版MV)。ダンスもそれに応じて、これまでのかっちりしたコレオグラフィーではなく、客席盛り上げ重視のロック的な(擬似)フリースタイル的なものになっている。それを含めてまったく上手く行っていなかった。

しかし、メンバーたちがやっているラジオ番組やウェブ番組で受ける印象からすると、本人たちはむしろこういう普通のJpopの方に親しみがあるのではないかと思う。びっくりするほど普通の音楽好き女子中高生という感じなのだ。考えてみればエイベックスのスクールからピックアップされた人たちなんだから、メインストリームど真ん中であって当然だ。ということに、ハロプロとアイドリングからこの世界に入った私は東京女子流のラジオ番組を聴いて初めて気づいた。

彼女たちの最終目標はメインストリームのJpopシンガーになることだろうから、今回のような曲はこなせるようになっていなくてはならない。そのための練習曲なのかもしれないな、というのが最大限に好意的な解釈。


小西彩乃の声が悪化していた。この人の喉はずっと調子が良くなかったけれども、今回見た彼女は前のように高音部だけでなく下の方の音域でもピッチがずれていて、自信を持って声を出せないでいるようだった。それに加えて三番手の中江友梨も声が何度も裏返り、安心して聴けるのは新井ひとみだけという状態。新曲ではそれほど粗が目立たないのだが、『ヒマワリと星屑』は聴けたものではなかった。


私は昨年7月に「次世代モーニング娘。のライバルたち」というタイトルの記事で、ステージ・パフォーマンスの面で注目に値する女性アイドル・グループとしてモーニング娘。、スマイレージ、東京女子流、PASSPO☆(ローマ字表記に変更された)、Dream、Dream5の6つを挙げていた。この中で、東京女子流とスマイレージとPASSPO☆とDreamはあまり順調に前進していないように見えるのだが、声(と歌)の不調がはっきりとわかる東京女子流は状況が最も深刻かもしれない。

皮肉なことに、ルックス面では当初の異様ささえ感じさせる幼さが消えて、いい感じに育ってきている。といってもまだ若いんだが。私の方のこのあたりの感覚がすっかり狂ってしまった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。