スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月11日、Little Glee Monsterライブ @ 表参道GROUND #1

2013年9月11日、表参道GROUNDで行われたLittle Glee Monster (公式サイト)のライブを見に行ってきた。女子中学生7人から成るグループで、来年に予定されているデビューに向けて活動を積み重ねており、今回が初めての有料ライブだったとのこと。

さきに書いておくが、これはお勧めである。特に今回のプログラムの再演があるなら、モーニング娘。ファンには強くお勧めできる。というのも、モーニング娘。のツアー・コレオグラファー、木下菜津子が演出・プロデュースをしているのだ。


私がLittle Glee Monsterという名前を聞いたのはたしか7月頃だったか、YouTubeで動画をいくつか見て、カラオケの上手い少女たちを集めて作ったコーラス・グループなのかなと思ったことを覚えている。しかし今回実際に見てみると、これは単なるコーラス・グループでも、ドラマ『Glee』で日本でも知られるようになったShow Choirでもない(これについては前に「ハリウッド・ミュージカル・ファンから見たモーニング娘。」という記事で簡単に触れた)。日本製アイドル(に私が見ている美点を備えているグループ)だった。


このライブの映像はすでにYouTubeにアップロードされている(http://youtu.be/SohjdQSlxSA)。とりあえず冒頭の、『High School Musical』のナンバー『What Time Is It』を見れば、モーニング娘。のコンサートで見たことのある要素がたくさん見えるはず。

英語の発音は数少ない欠点の1つ。世界を目指すなら徹底的に訓練してもらいたいものだ、と以前にライブ映像を見たときにも思っていたのだけれども、今回のライブでは日本語の歌が大部分だったのでそれほど問題を感じなかった。それどころか、日本語の歌詞に込められた心情が伝わってきて、歌のパワーを感じる場面が多々あった。


ダンス経験は一番背の高い人(KAREN/古賀かれん)を除いてほとんどなさそう。ムーヴの自由度が高いところでは違和感が出るが、コレオグラフィーによってかなりカバーされている。全体として歌声のパワーが強いのであまり気にならない。


歌は基本的なところはしっかりしているから、今後「うまさ」の点ではどんどん良くなっていくのだろう。今回私が特に感動したのは、何人グループなのかも知らずにライブ会場に行った私が、冒頭から40分ほど続くひたすら歌い踊る演目を見ただけで、メンバー7人の顔と体型を区別し、それぞれがどんな声でどんな歌い方を得意としているかということまで覚えてしまったこと。

上記動画の最初のナンバーが終わると、各メンバーの自己紹介的な小品が続く。アイドル・グループにありがちな「まずは自己紹介をさせてください」から始まる長ったらしいトーク・セクションがなく、こうやって歌とちょっとした芝居で各人のキャラクターを印象づける構成は大成功していたと思う。

サポート・バンドはとても良かったが、18:00あたりからの『A Perfect Sky』(BONNIE PINK)の中で行うバンド・メンバー紹介が非常にスムーズでかっこよかった。

これも含めて、「トーク」というものにあまり信頼を置いていないのかな、と思った。

記事を分ける。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。