スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中れいなのお勧めライブ映像

このたびモーニング娘。を卒業した田中れいなのお勧めできるライブ映像をまとめてみようか、と思ったものの、YouTubeのビデオの削除がかなり進行していて作業が難航した。以下、あまり知らない人向けのリストということで。


『キラキラ冬のシャイニーG』2007年春ツアー




卒業公演でも歌った、2006年発売のミニ・アルバムの収録曲。これは2007年春ツアー『SEXY 8ビート』の映像(音ズレがあるが、これ以外にないので)。フレッシュで気持ちいい。私が見た映像のなかで一番強く印象に残っているのは、ファン・クラブの香港ツアーでのパフォーマンスだった。荒削りながらも、観客に向けて歌いかけようという熱意が伝わって来る名演だったと思う。

結局、田中れいなに提供されたソロ曲でこれを超えるものはなかったし、私が生で見た彼女のソロ・パフォーマンスにも、初期の『キラキラ冬のシャイニーG』のライブ映像を超えるものはなかった。つまり私にとって、ソロ・シンガーとしての田中れいなは、この曲のようなかわいいアイドル・ソングをかわいらしく歌うのが似合う人、だった。ここ数年の歌謡曲やロックは駄曲ばかりだったこともあるが、そもそも彼女の得意分野ではなかったと思う。



『レモン色とミルクティ』2008年秋ツアー



5・6期メンバーで歌ったアルバム曲を、2008年秋ツアーで6期メンバー3人が回替わりでセンターを担当した。これは本編に入っている田中れいなバージョン。

道重さゆみファンとしては道重さゆみバージョン(http://youtu.be/3P_cxT0LmpM)が一番いいのは当然だが、ここでは多くは語るまい。このときのパフォーマンスは3人の個性がよく出ていて興味深い。いまこうして見ると、田中れいなの歌はこのときと比べると技術的にかなり安定してきていることがわかる。



High-King 『C\C(シンデレラ\コンプレックス)』ダンス・ショット・バージョン



これはライブ映像ではなくダンス・ショット・バージョンのPV。2008年6月にリリースされた、High-Kingというハロプロ内ユニットの作品。画質が良くないが、これ以上のものがないので。

私がまだモーニング娘。やハロプロをよく知らないときに見てびっくりしたPVだ。いま見てもこれの高橋愛は技術面で他を引き離していると思う。そしてあのときもいまも思うのだけれども、スター・クオリティがあるのは田中れいなだ。

ところでHigh-Kingのパフォーマンスは何度かライブで見たけれども、これを超えるものは見られなかった、どころか、ハロコンで行われる他のパフォーマンスと比べても大したことのないものばかりだった。このPVは奇跡的にうまくできあがった映像作品である、と考えておくのがいい。



『I'm Lucky girl』 2011年冬ハロコン




2010年末に亀井・ジュンジュン・リンリンが抜け、2011年1月に9期メンバーが入ってきた。これは2011年冬のハロコンで、まだ準備ができていない9期メンバーを除く5人でやったパフォーマンス。田中れいなに限らず、これに出ている5人全員のキャリアのハイライト(の1つ)といってもいいぐらいのいい作品だと思う。

特に田中れいなに関しては、このライブ映像でのシックなルックスが私好みなのだが、本人はこういうのは好きではないだろうな。



『What's Up? 愛はどうなのよ』 2012年秋ツアー




私にとっては2012年の秋ツアーで一番良かったナンバーなのだが、ライブ映像では非常にしょぼく見える。田中れいなもそれほど映っていない。でも、モーニング娘。における彼女の最終形を見られる良いライブ映像ということだと、やはりこれが一番の候補に挙がってきた。

ここ数年の一つの典型的なパターンとして、エレクトロ的な楽曲の中で、田中れいなの声が楽器のように使われる。これは要するにエモーションがないということで、他のメンバーの歌パートのことも考慮した戦略的な方針なのだと思われるのだけれども、この路線に田中れいなの声がみごとにかみ合っていた。

コンサートを生で見ていたときは、上の動画で4:33あたり、田中れいなが「What's up」と叫ぶところで毎回感動していた。あまりの安定ぶりに、録音済みの声を流しているんじゃないかと疑ったりもしていたが、この映像で見ると生でやっているようだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして
いつも記事、楽しく読んでます。

れいなの事
>アイドル・ソングをかわいらしく歌うのが似合う人
でロックむいてない、っていうのは私もかんじます
れいな自身、「いえーい」とか「盛り上がっていこーぜ」とか叫びたいだけで、ロックと言っているような気がしたり。

でも、2009年のよみうりのライブ映像をみると
れいなとガキさんのツインボーカルだと明るい感じのロック路線でいけそうな気がします。
人間関係が一番ロック、みたいなことにもなりそうだけど・・・。


おかまりとのツインボーカルだと
現段階ではれいなの負担が大きすぎて、変な歌い方をしないといけなくなってしまい
モーニング娘。を卒業した意味が感じられないんですよね


年齢を重ねて良くなるタイプにみえないだけに、ここ数年のれいなの扱いはもったいなく感じます。


まあ、私は道重さゆみファンでこのブログを見つけた人なので
一番の感心事(心配事かも)は、これから12期メンバーが入ってきて、後輩メンバーも成長がみられる中で、さゆ がどういうポジションをみつけていくのか、って事なんですけど><

No title

よみうりライブのそれは『NATURE IS GOOD! 』ですよね。あれはあの公演のベストといっていい素晴らしいパフォーマンスでした。でもあれば新垣里沙の力が大きかったのではないかと思います。前に『新垣里沙のグルーヴ』というタイトルの記事を書いたのですが( http://michishigefan.blog130.fc2.com/blog-entry-80.html )、要するに田中れいなにはロックを含むR&Bのグルーヴがないんです。

ロック・バンドをやるにしても、このところのモーニング娘。のデジタル・ロック路線や、Evanescenceみたいなゴス路線など、田中れいなに合っているジャンルはいくつか考えられると思うのですが、オールド・スクールのR&B/ファンクは最も苦手なところなんじゃないか、と。

>さゆ がどういうポジションをみつけていくのか、って事なんですけど

これまでと同じく、ルックス&表現力&トーク担当で、ときどきユニットやソロでレインボーピンクやラララのピピピのような歴史的大傑作をやる、ということでいいんじゃないか。12期はわからないが、9~11期では、これらの方面で数年以内に彼女と肩を並べるところまで来そうな人はいなさそうだし。
というのとは別の「ポジション」の話なんでしょうかね?

No title

そうです。あの曲をモーニング娘。で出来たのはガキさんが居たからだ、と思うのですが一方で、田中れいな、亀井絵里でバランスがとれていた、という印象も持っているんです。(当時は愛ちゃんがいたから、よけい重たくなりやすかったっていうのもあると思うんですが)
あと、モーニング娘。のライブで田中れいなの力を最も感じるのは、歌じゃなくて、会場との一体感を作る力なんです。田中れいなが声かけした時は、他のメンバーと比べてお客さんの反応の良さが圧倒的です。人気の問題じゃなくて、会場とのコミュニケーション能力の高さだと思います。そういう意味で、より客席との一体感を求められるバンドには必要な存在だと思います。


さゆのポジションに関しては、一番大きいのは、れいなが卒業したことで「さゆ」「さゆみん」から完全に「道重さん」になったことが、これからのトークにどう影響していくのか、ということです。
あと歌の面では、いくら歌唱力がないとは言え、田中れいながいなくなった今では、パーフォーマンスのエースはダンス以外は道重さゆみではないか、と夢みることがあります。多分、夢のまま終わるのでしょうが。道重さゆみが歌える曲は、全員が歌える曲だっていうのも大きいです。
譜久村聖、佐藤優樹、鈴木香音の使い勝手がよくなると、鞘師里保の負担が圧倒的に減り、楽しく聞ける曲が増えるだろう、っていうのもあるのですが。イメージ的には、タンポポの「恋をしちゃいました」を三倍速にして、電子音楽っぽく加工してダンスをくわえたかんじ(わかりにくい)がいいと思います。
ようするに、今の既定路線のまま、さゆが地味に終える体で考えたとき、鞘師里保・小田さくらのモーニング娘。に弱さを感じずにはいられない、っていうところからきているんです。それを道重さゆみが救ったら、さゆのファンとしては至福だな、というファンタジーを想像しているだけかもしれません><

No title

>ようするに、今の既定路線のまま、さゆが地味に終える体で考えたとき、鞘師里保・小田さくらのモーニング娘。に弱さを感じずにはいられない、っていうところからきているんです。それを道重さゆみが救ったら、さゆのファンとしては至福だな、というファンタジーを想像しているだけかもしれません><

これ面白いので私もなにか考えようと思っていたら時間が経ってしまいました。。。

というか、これを読むまで彼女が「救う」ということを思いつかなかった。どうやら「地味に終える」という前提で物事を考えていたようです(笑)。

これをネタにしてちょっと何か本文記事を書こうかと思ってます。
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。