スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター ~ #5-#6 - #1

今度は前回の更新から2か月近く間があいてしまった。更新頻度が低くなった8月あたりから他ジャンルに手を出していて、正直いって日本のアイドル関連に寄せる興味が薄れている。いまのところ最も関心のあるモーニング娘。についてすら、メディア出演もニュースも熱心には追っておらず、かろうじて先週の中野サンプラザで田中れいなの卒業発表があったということを知ったぐらいだ。

その発表から一週間後の、11月24日の大阪公演と25日の神戸公演、昼・夜合わせて4公演を見に行ってきた。チケットを入手したのは卒業発表の前だったのだが、結果としてこのタイミングでのパフォーマンスを見られてほんとうに良かった。以下、具体的な話はこれまで書いてきたことの繰り返しが多くなるので、全体的な感想を中心に。


● 前回、田中れいなの絶好調さに触れて「卒業しちゃうんじゃないかという根拠のない不安を感じた」と書いたのがまさに当たってしまったわけだが、今回も印象は同じ。ステージ・パフォーマンスはもちろん、トークを含めた公演全体が、田中れいなというスターを中心に回っているという感じがあった。この人についてはまた別稿で書く予定。


● 久しぶりにアイドルのコンサートを見て改めて思うのは、補助金なしに金が回っているのは凄い、ということ。その前から土壌はあったのだとしても、この仕組みを作り上げた人たちは凄腕だと思う。そもそも、こんなものに客が入ってグッズが売れる根拠はきわめて薄いわけで、公的な資金や共同観念のサポートを受けず、民間の力でアイドルというものの価値をここまで押し上げて、実際に収益に結びつけるというのは大変なことだ。俗っぽい話ではあるが、もともともっとハイエンドで、一般人気が薄く、国からの援助によってかろうじて成り立っているようなジャンル群の方に馴染みがある私にとっては、このアイドルというジャンルには教えられることが多々あった。

もちろんこの方向の話を推し進めていくと、「AKBが最も優れている」という結論に至りかねないので、モーニング娘。ファンとしては微妙なところなのである。握手会のようなイベントで収益を上げてほんとうにいいのか、などの疑問は、ここ1年ぐらい、多くのハロプロ・ファンが抱いたのではないだろうか。これについてもいずれ別稿で書いてみたいので、ここまで。


● アイドル・ジャンルのものをたくさん見ている時期には、どうしてもジャンル内での相対的なポジションに注意が行きがちだけれども、久しぶりにモーニング娘。を見ると、ジャンル横断的な視点からの位置づけに目が行きがちになる。今回は初めてモーニング娘。のコンサートを見に行った頃の感性が少し蘇った気がする。

そんな状態で見ると、やっぱり私にとっては道重さゆみが圧倒的な存在なんだな、と改めて気づく。この人がいなかったら2009年~2010年ころのモーニング娘。に惹きつけられることはなかっただろうし、2012年のいまになってアイドルのジャンル全体を見回しても、やはり道重さゆみはユニークな存在だったという結論に至る。歌やダンスのスキルの面を度外視して(ここ重要)、このようなステージ・プレゼンスを持っている人は他には見当たらない。

歌やダンスのスキル込みであれば、他に何人か思い当たらないわけでもないのだが、そういう人たちはいずれはソロ・アーティストになってその分野で戦って、また別の勝ち負けがあるんだろうな、という観点から見ることになる。しかし道重さゆみにはソロ・アーティストになるという未来が見えない。その意味で、この人はほんとうにモーニング娘。というグループに合っていたんだな、と、新生モーニング娘。に居残る最後の「旧メンバー」になることが確定したいま、改めて思うのだ。

上で「ソロ・アーティストになるという未来が見えない」と書いたけれども、今ツアーでソロでやっている『ラララのピピピ』の路線なら可能性がなくはないのだろうか。しかし、これだけでアルバム1つ作ったりコンサートをフルでやったりしたら精神が摩耗しそうだ。方向性が正反対の2009年の『It's You』とともに、アイドルというジャンルから一歩抜け出した表現ではある。『It's You』とともに、これほど狭い音域で、これほど少ない音の数と移動で曲を作って、この方向性で行けるとゴーを出したつんくは、もうこれだけで支持せざるをえない。このブログではつんくの仕事に否定的に言及することが多いけれども、道重さゆみファンの立場からだと、モーニング娘。どころかハロプロ全体という視点から見ても、良い扱いをしてくれてありがとうと言うしかないのである。田中れいなの言うところの「つんくさんってさゆのこと好きなんじゃない?」ってやつだ。


● 11期メンバーの小田さくらを見慣れてきた。ツアー初日に初めて見たときからこの人の舞台度胸は凄い。ステージ・パフォーマンスの面では未知数ではあるけれども、次の段階のモーニング娘。の柱の一つになりえるかもしれない奥行きの深さみたいなものはいまでも感じ取れる。モーニング娘。に集団で加入してきたメンバーと、一人で加入してきたメンバーの違いというのはよくいわれることだが、新しめのファンである私にとっては、単独加入のメンバーを最初から見るのはこれが初めてなので、過去の例(後藤真希・久住小春・光井愛佳)とどのような共通点と違いがあるのかがまだよくわからない。9期・10期のメンバーにはない腹の据わり方をしているように見えるが、グループに馴染むにつれて別の側面も見えてくるのだろうか。

長くなったので記事を分ける。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。