スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイレージ ライブツアー2012秋 ~ちょいカワ番長~ #2

● 『君は自転車 私は電車で帰宅』は℃-uteのオリジナルよりも安心して聴けた。オリジナル・メンバーが2人抜けても、ヴォーカルの強さは健在。福田花音のハロプロ唱法色が強くなっていたのが少し残念だった。


● たぶん回替わりなのだろうが、メドレーが全体的によかっただけでなく、そこに入っている竹内朱莉の『元気ピカッピカッ!』がとてもよかった。中西香菜の『涙が止まらない放課後』も味があって悪くなかった。


● デビュー当初の印象と比べると、田村芽実が足踏みしている間に中西香菜が大きく詰めたという感じ。勝田里奈は別のトラックを走っているため比較ができないが、私としては徳永千奈美的な「何を考えてやっているのかよくわからない」感が面白くなくもない。


● トークを含めた、パフォーマンス以外の部分が劣悪なのは相変わらず。今回はみんな揃ってももクロの黄色みたいな煽りをやって悲惨なことになっていた。それでも昨年のスカートめくりよりはマシ。


● 福田花音の好調ぶりが田中れいなのそれと重なる。和田彩花は足を痛めて、椅子に座ったままのパフォーマンスになったためよくわからなかった。


● 改めてモーニング娘。との比較になるけれども、今回のスマイレージを見て、「アイドル・ダンスは難しい」ということを改めて思った。「準拠すべき型がない」というか。いやもちろんアイドルというジャンルはそれなりに成熟しているから、「型」はないわけじゃないのだけれども、何かしらオリジナリティを出そうとすると予測不可能な領域に足を踏み出さざるをえなくなる。これと比べるとモーニング娘。のここ3曲の路線は非常に「安全」なのだ。


スマイレージがこっちの道を行くことはたぶん既定路線なのだろうから、メンバーたちには果敢にチャレンジしてもらいたいものだ。なおツアー・コレオグラファーは依然としてYOSHIKOがやっているようだ(http://ameblo.jp/yoshiko-445-yoshiko/entry-11367110691.html)。


● 今回、ハロプロのコンサートに行き出してほぼ3年目にして初めて、客席で写真を撮っている人を近くで目撃した。これについては別エントリで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。