スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乃木坂浪漫』再び

前に乃木坂46のことを書いた。あれからも『乃木坂浪漫』は追いかけているので、このあたりでアップデートしておく。これ以外の活動はあまり面白くなさそうなのでほとんど把握していない。

その後、橋本奈々未と松村沙友理が出た回はいずれも良く、最初の作品がまぐれでないことがわかった。これに加えて、新たに良かったのは西野七瀬による芥川龍之介の『蜜柑』(http://www.youtube.com/watch?v=u_iFdWoFcSU)。




くどいようだが、これ以外のものは良くないのである。若い女の子に古典を朗読させてきれいなイメージに被せればなんとかなる、というたぐいのものではないのだ。

この3人はいずれも選抜メンバーで、次の3枚目のシングルから西野七瀬が「七福神」に入ることもあり、力のある人はやはりちゃんと前に出てくるんだな、などと思っていたら、私のようなカジュアルなファンだとよくわからない選抜外のメンバーたちの出演が始まると、その中にいいものがあった。



衛藤美彩による萩原朔太郎の『月に吠える』(http://www.youtube.com/watch?v=-QK--X2pkvc)。



大分のローカル・アイドル・グループCHIMOの出身とのこと。この人は、これまでに挙げた3人とは違って正統派のディクションで気に入った。


中元日芽香による岡本かの子の『家霊』(http://www.youtube.com/watch?v=FaxGeS9pGZQ)。



この人はさくら学院の中元すず香の姉。鞘師里保と同じアクターズスクール広島の出身。


川村真洋による寺田寅彦の『どんぐり』(http://www.youtube.com/watch?v=pmc_zCWpXuw)。



アップフロント関西に短期間所属していたことがある。


能條愛未による尾崎放哉の『尾崎放哉全句集』(http://www.youtube.com/watch?v=R81pqLfwox0



麻生梨里子という芸名で、九州のローカル・アイドル・グループ「青春女子学園」で活動していたとのこと。尾崎放哉をこのように朗読するというのに完全にやられた。


樋口日奈による宮沢賢治の『注文の多い料理店』(http://www.youtube.com/watch?v=ZeqO_82TDGo



14歳という年齢の割に良いので。


この中だと衛藤美彩と能條愛未が頭ひとつ抜けている。この2人を含めて、乃木坂46の前に芸歴がある人が多いのは偶然ではないかもしれない。それを考えると、活動歴が(たぶん)ない橋本奈々未・松村沙友理・西野七瀬の3人は凄いということなのだろうか。

以上、6月21日の和田まあや『走れメロス』までを見てのまとめ。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【『乃木坂浪漫』再び】

前に乃木坂46のことを書いた。あれからも『乃木坂浪漫』は追いかけているので、このあたりでアップデートしておく。これ以外の活動はあまり面白くなさそうなのでほとんど把握していない。その後、橋本奈々未と松村沙友理が出た回はいずれも良く、最初の作品がまぐれでない...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。