スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド・ミュージカル・ファンから見たモーニング娘。

口パクについて書いた文章の最後に、私はミュージカル映画から入ったせいで口パクに対する抵抗が少ないのかもしれない、という趣旨のことを書いた。

ミュージカル映画に興味のない人も、『雨に唄えば』"Singin' in the rain"という作品の名前は耳にしたことがあるだろう。主人公が雨の中で傘を持って踊るシーンが有名である。その映画の中に、私自身とりたてて好きではなかっためにいっとき忘れていた"Dream of you"というナンバーがある(http://www.youtube.com/watch?v=_fzPf8GL0mw)。



ちょっと落ち目のスターである主人公Gene Kellyが、ツンツンしている駆け出し女優Debbie Reynoldsが格の低いパーティー・ガールのバイトをしている場に出くわす、というシーンだ。

ミュージカル映画で『雨に唄えば』が好きだというのは、モーニング娘。で『LOVEマシーン』が好きだというぐらいに「通っぽくない」宣言なのだけれども、他にそれほど選択肢もなかった小学生の頃の私はやっぱりこの作品が大好きだったし、ヒロインを演じるDebbie Reynoldsはお気に入りだった。で、このナンバーを久しぶりに見て、ピンクという色に対する感受性はこれで培われていたのかな、と思ってびっくりした次第である。

もちろんそれ以外の点でも、モーニング娘。やハロプロのファンの人ならば「おっ」と思うポイントがいくつかあるだろう。私は逆にモーニング娘。を見たときにそれらのポイントを懐かしいものとして受け止めたし、これまでにたくさん見てきた稚拙な真似事や、その逆にテクニカルな面が極度に進歩してしまった本格的な(しかしときにつまらない)パフォーマンスでもなく、いいバランスを保っているクリエイティブで質の高いコンテンポラリーな作品として楽しんだわけである。


なお私はさすがにこれをリアルタイムで経験したわけではなく、すでに死んで久しいカルチャーとして見ていた。昔はミュージカルの文化が死んでしまった理由をいろいろと考えたものだが、いまではむしろこの文化の寿命がそんなに長くなく、一時期の流行と呼ぶ方が適していることに気づいて驚いている。だから、私にとってはとても大切なものなのだけれども、この時期のハリウッド・ミュージカルを他人に熱心に勧める気にはもうならない。

ただし。これを通過しているかいないかで、『ピョコピョコ ウルトラ』『チョトマテクダサイ!』の受け止め方はずいぶん違うんだろうな、とは痛切に思うのだ。


ミュージカル、特に上で紹介したようなレヴュー/ヴォードヴィル的なミュージカルが衰退したのにはそれなりの理由があってのことで、いまこの時代にこういうものを作って一般受けしなかったとしても驚くべきことではない。特に日本においては、東の松竹、西の宝塚によって植え付けられた余分な先入観が邪魔をしているということもありそうだ。


ただ最近の動きとして1つ気になっているのは、アメリカFOXのテレビ・シリーズ"Glee"がヒットし(Wikipediaエントリ)、日本にもそれなりにファンがいるように見えることだ。知らない人はこのオフィシャルなトレイラー(http://www.youtube.com/watch?v=_V2wI3wZky0)を見ると雰囲気がつかめると思う。

このドラマが題材としているのは"Show choir"という、主に高校のクラブ活動として行われているもので、YouTubeで"Show choir"で検索すると本物のコンペティションの映像などを見ることができる。もちろん"Glee"自体のパフォーマンスは、ブロードウェイの経験者を集め、金と時間を投じて作っているプロの作品だが。この"Glee"や、ちょっと前のディズニーの"High School Musical"のヒットは、メインストリームのメディアにおけるミュージカル・リバイバルの前兆なのかもしれない、と思ったりもする。

なお私は、この"Glee"はテレビ・ドラマとして好みではないのでちゃんとフォローはしていない。また、パフォーマンスの部分もそんなにうまく作られていないから、特にお勧めはしない。これを見るぐらいなら、1950年代のちゃんとしたミュージカル映画を見た方がためになると思う。それでもあえて1つ例を挙げるなら、昨年末に『ダンス・オブ・ヴァンパイア』関連(http://michishigefan.blog130.fc2.com/blog-category-21.html)でいろんなバージョンを紹介した"Total Eclipse of the Heart"(http://www.youtube.com/watch?v=MY3O7ZZxheI)。ダンスのシーンがダサい。


ちなみにその『ダンス・オブ・ヴァンパイア』は、ドイツ語圏でブロードウェイ・ミュージカルのアダプテーションをやっていた人たちがオリジナル作品を作り始めたという流れにあるもので、歌に関してはドイツのポピュラー音楽のジャンルに根付いているドイチェン・リート流のクラシカルな発声法が目立って、ブロードウェイやウェスト・エンドのミュージカルとは触感が違うものの、基本的には今回紹介した「ハリウッド・ミュージカル」とは違う「ブロードウェイ・ミュージカル」の流れに属している。というよりも、いまとなっては「ハリウッド・ミュージカル」の方が徒花だったと言い切っていいように思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。