FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

℃-uteコンサートツアー2010夏秋~ダンススペシャル!!「超占イト!!」~

夏のハロープロジェクト・コンサートの項の最後にちょっと書いたように、℃-uteの新曲『Danceでバコーン!』の方向性は印象的だったし、その後公開されたミュージック・ビデオも悪くなかったので、思い立ってちょうどいまやっている℃-uteのコンサート『2010夏秋~ダンススペシャル!!「超占イト!!」~ 』をハーモニーホール座間まで見に行ってきた。8/28に始まったツアーで、私が行ったのは2日目の8/29の昼の部だった。

ハーモニーホール座間

ツアーのタイトルにあるようにダンスに焦点を当てた構成にしたということらしい。私はファン歴が浅いもので、実際に生で見たハロー・プロジェクトのライブ・パフォーマンスは数が限られている。そのなかで、Berryz工房と℃-uteのパフォーマンスは、どうしても「コンサート」という言葉よりも「発表会」という言葉を連想させるのだ。この点で(少なくとも現時点での)モーニング娘。はほんとうに別格である。

とはいえ、新曲『Danceでバコーン!』は面白い。



しかし、ダンスのみを固定カメラで撮ったバージョンを見ると、綻びが見えてくる。



ミュージック・ビデオもライブ映像も、誰かの顔、特に歌を歌っている人の顔をクロース・アップで撮っている画面を入れることで多くのものを隠せるわけだけど、このような固定カメラの映像では、またもちろん生のライブ・パフォーマンスでも、そのようなクロース・アップの画面に映っていないものも見えてしまう。私が思うに、そこのところで一定のレベルをクリアできているかどうか、さらに別の価値を付加できているかどうかが、ライブ・パフォーマンスを見に行く意味があるかどうかを左右する大きな要因である。

今回の℃-uteに関していうと、メンバーの一人、中島早貴が前日の2回目の公演途中で故障し、当日は舞台の袖のほうで座って歌うことになったことも大きかったかもしれない。踊っているときに左の股関節をいため、ドクター・ストップがかかったとのこと。

そのことと関係あるのかもしれないが、℃-uteの楽曲の振り付けは全体的に激しくてそのことが人気の一因になっていると思われるのだけれども、演者の体力という観点からも、またコンサートの演出という点からも、2時間にわたる1つの舞台を作り上げるのに適したものだとは必ずしもいえない。

激しすぎるダンスをずっと続けることはとうぜん無理なので、演者はところどころで手を抜かなくてはならない。その手の抜き方が考慮されていない、または、℃-uteのメンバーたちにはまだ手をうまく抜くだけのスキルが足りないのだと思われる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。