スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彼と一緒にお店がしたい!』のミュージカル的歌詞世界 #1

前にJuice=Juiceの『私が言う前に抱きしめなきゃね』の英訳文について書いた(http://michishigefan.blog130.fc2.com/blog-entry-437.html)のだが、普段はなるべく意識しないようにしているハロプロの歌詞をじっくり見ているといろいろと思うことがあった。

つんくは年頃の少女の気持ちを歌詞にするのが上手である、という評を耳にすることがある。私は年頃の少女だったことがないので、それがどれほど的を射たものなのかは判断できないのだが、たとえばスマイレージの『ぁまのじゃく』(http://www.uta-net.com/song/87905/)の「君のことなど興味ない」から始まって、「斎藤先輩とすごく仲がいいのも」とか「君の顔も覚えない」を経て、結末の「もうすぐ引っ越しするんでしょ」までの流れを見ていると、性別・年齢に関係なくぐっと来るのはたしかだ。

平均点とかプラス・マイナスの差し引きとかの世界ではない。こういうものが1つあったらそれは傑作であり、全体の5%にでもあったら素晴らしい芸術家である。問題なのは、「ピンチから~つかみとる~えいこ~」とか「記念のあれを 無くしても」とかが出てきたときにリジェクトするプロデューサーや進言するレコーディング・ディレクターがいないことなのだ。でもそんな仕組みがあったら「ララララ~のピピピピ~」も陽の目を見なかったかもしれないので、現状でいいのだろう。



というようなことを思うなか、私がとても気に入っている『彼と一緒にお店がしたい!』が、ミュージカルっぽさを感じさせてこれほどまでにいいのは、曲調やコレオグラフィーがそれっぽいということもあるが、歌詞世界のおかげでもあるなと思ったので、この項ではこれについて書いてみる。

まずは歌詞(http://www.uta-net.com/song/118958/)とミュージック・ビデオ。ビデオは、公式サイトにこの曲単独のクリップがないので、下の動画の5:17あたりから。




ライブ映像にはいくつかのバージョンがあるが、2012年秋ツアーのものが一番いい。




シングル・リリース時のPVにダンスがついていないのは重要である。PV用のコレオグラフィーがなかったおかげで、コンサート・ホールでのライブに向いたコレオグラフィーが付けられた。残念ながらライブ映像ではその良さの一部しか伝わらないけれども、ステージ上のあちこちでいろんなことが起こっているとても楽しいナンバーになっている。


歌詞の話だった。

この曲には、少女の恋心を歌った他の多くの曲と決定的に違う要素が1つある。パパとママという第三者の視点が導入されていて、本人もそれを強く意識していることだ。このおかげで、物語の主人公が置かれている環境、立っている舞台を俯瞰しやすくなっている。

ところでこの曲の歌詞を思うとき、なぜか私の頭の中では、家族から離れて自分の寝室でメールを打っていたり、「彼の悪口はぜったいに許さないんだからね」とふくれっ面で文句を垂れているのは生田衣梨奈なのだ。「パソコンのガッコ」のところまで来ると道重さゆみに切り替わるけれども、そこまでは、特にステージ上で目立っているわけでもないのに、生田衣梨奈が主人公をやっている。


そんな生田衣梨奈のボーイフレンドについて、パパは細かく嫌みを言う。髪型が変だ、と難癖をつける。この点については生田本人も「ちょっぴり」という留保は付けながらも同意せざるをえない。いまの世の中、「変な髪型」とはどんなものなのか私にはよくわからないが、生田本人と彼について「ハチャメチャ」とか「ムチャクチャ」と評していることから、何か無軌道な、不安を感じさせるそのあり方を象徴するような髪型をしているのだろう。うさちゃんヘアーとかではない。

そんな彼の髪型について、生田は「街で目立って 人気者だもんね」と弁護する。通りすがりの人が髪型を賛美するとは考えにくいので、彼を人気者とするグループ/サークルが存在していて、生田もその一員なのだろう。彼はそのグループのリーダー格の存在、あるいはそうでなくても人気者のポジションにいる。

つまり街でうろうろしているチンピラ・グループの話なのである。そりゃパパも心配していろいろと口を出してくる。それに反発して生田は「お店をする」という、彼女なりの「堅実さ」を必死にアピールする。もちろん「お店をする」というのは、その年齢に関係なく、女性の口から出る言葉としては危険信号以外のなにものでもないのだが、彼女はそのことがわかる歳でもない。

そしてクライマックスに来る道重さゆみパートの「パソコンの学校に行きたいな 将来に二人でお店出すため」で危なかっしさが頂点に達する。こういうことを言うということは、彼氏にはまだ「お店を出す」話は通していない。彼氏が堅実路線に共感しているのかどうかも定かでない。たぶん違う。そんな頼りない彼だからこそ、自分が頑張って支えようと思っている。そこで出てくるのが「パソコンの学校」という無邪気さ。道重さゆみの表現の力もあって、ここの部分はひたすら切ない。

この二人はたぶんうまく行かない。

長くなるのでテキストを分ける。
スポンサーサイト

『彼と一緒にお店がしたい!』のミュージカル的歌詞世界 #2

「『彼と一緒にお店がしたい!』のミュージカル的歌詞世界 #1」の続き。

無邪気でかわいくて夢いっぱいの曲ではあるが、外から俯瞰する視点が導入されることによって、より大きな物語が意識され、切なさが出てくるという多重構造をしている。ミュージカルの一ナンバーであっておかしくないような曲なのである。


ミュージカルの一ナンバーだった場合、この曲は起承転結の「承」の部分、たとえば1時間半のミュージカル映画の中で開幕15分後あたりに置かれるものになるだろう。主人公と「彼」、および二人が属しているグループはすでに紹介されている。彼と別れて帰宅した主人公は、「帰りが遅いじゃないか」と文句を言うパパとの間に険悪な空気を残したまま自分のベッドルームに引っ込み、パジャマに着替えて寝る準備を整えた上で、iPhoneを持ち出して彼へのメールを書き始ながら、彼への想いを歌い、踊る。

そしてここから15分ぐらい経ったところで、二人には何か不幸なことが襲いかかる。結末がどうなるのかは物語が喜劇なのか悲劇なのかによるわけだが、そこまでに起こる諸々の事件は、『彼と一緒にお店がしたい!』の底抜けな楽しさと無邪気さに反比例して深刻なものになるだろう。


私は昔から、物語のなかでこの位置におかれる楽しいナンバーが大好きだった。有名どころでは…

『West Side Story』(『ウエストサイド物語』)の『I Feel Pretty』。鏡を見て「私はかわいい」を連呼する道重さゆみの大先輩マリアを演じているのはNatalie Wood。歌声はMarni Nixonという人が吹き替えている。こんなに舞い上がっている原因である「彼」は対立する人種グループに属していて、2人はギャング間抗争に巻き込まれる。『ロミオとジュリエット』を題材にした悲劇。





『My Fair Lady』(『マイ・フェア・レディ』)の『I Could Have Danced All Night』。自分を街角から拾ってくれたヒギンズ教授による上流階級の発音のレッスンがうまく行き、誉められて舞い上がっているイライザを演じているのはAudrey Hepburn。歌声は上と同じMarni Nixon。このあと、2人の間の関係はもっぱら教授のせいでぎくしゃくするのだが、最後には教授が反省して仲直りするという、G・B・ショーの『ピグマリオン』を題材にした喜劇。




『Singin' in the Rain』(『雨に唄えば』)の『Good Morning』。落ち目のスターGene Kellyの再生計画として、ミュージカルを作ればいいじゃないかというアイデアを思いついてみんなハッピーな場面。女性はDebbie Reynolds。このあと親密になったGene Kellyとの間に危機が訪れるが、50年代ハリウッド・ミュージカルの必然として能天気なハッピー・エンディングを迎える。




『Bye Bye Birdie』(『バイ・バイ・バーディー』)の『How Lovely To Be A Woman』。Ann-Margret演じる女子高生が同級生の男の子との恋に舞い上がり、「女であるってことはなんて嬉しいことなんでしょう」と歌う。「女」とは、16歳という年齢になって大人びてきた、ということ。群舞のないソロ曲だが、寝室、(メールではないが)彼との電話、寝る準備など、『彼と一緒にお店がしたい!』との共通点がけっこうある。また、「一緒にお店をしたい」わけではないが、「男の子を調教する」という感じの、自分が少し優位に立っているニュアンスも似ている。この後に訪れる危機は、町にやってきたロック・スターに彼女がなびく、というものだ。最終的には、同級生との、地味ではあるが誠実なおつきあいが大切だと気づいて元の鞘に戻る。いまとなっては道徳的なストーリーだが、当時はかなり批判された「革新的」なブロードウェイ・ミュージカル。





『Carousel』(『回転木馬』)の『If I Loved You』。曲の雰囲気がまったく違う、男女2人によるデュエットだが、『彼と一緒にお店がしたい!』から一番強く連想するのが実はこの『Carousel』なのだ。この作品の「彼」はほんもののチンピラで、主人公の女性は周囲の強い反対を押し切って結婚する。しかし、彼女がこどもを身ごもったというのに、彼は(家族を養いたいという善意からではあったが)知り合いの強盗の計画に乗り、失敗して死んでしまう。この『If I Loved You』は出会ったばかりの二人が互いに遠回しに求愛しているところ。『If I Loved You』と仮定法になっているのは、その気まんまんなのにダイレクトは言えずに「え~、ほんとは好きじゃないけどぉ~、もし好きだったら~、口に出せなくて~、チャンス逃しちゃいそう~」、「つまり俺のことを好きじゃない、ってこと?」みたいな会話をしているということで、こうやって説明すると非常にばかばかしくて恥ずかしい。このジャンルが廃れたのも無理はないな。男はGordon MacRaeで女はShirely Jones。個人的には、Shirely Jonesはこの時期の「歌姫」タイプのミュージカル女優のトップである。物語全体としては、びっくり展開のハッピー・エンディング。




もうちょっと続けよう。

『彼と一緒にお店がしたい!』のミュージカル的歌詞世界 #3

「『彼と一緒にお店がしたい!』のミュージカル的歌詞世界 #2」の続き。

ここまで書いてきて何なんだけれども、こういうことを思って見ている観客は、仮に私一人ということはなくても少ないだろうな、と思うだけでなく、メンバー当人たちも、この曲で歌われている場面の後の悲劇なんてことは意識していないだろう、と思う(ちなみに「作詞家の意図」の話になるとつまらなくなるからやらない)。

このせいで、この曲はいっそうミュージカル(というか演劇)っぽく見えるのだ。観客は劇中の登場人物の知らないことを知っていて、いわゆる「神の視点」を持っている。しかし『彼と一緒にお店がしたい!』の場合は、登場人物だけでなく、それを演じているメンバーに対してメタな視点を持っている、という感じがしてくる。これはリアリティ・ショウの仕組みだ。


そんな曲の中で、私にとって生田衣梨奈が主人公に見えたのは興味深いことだ。2012年秋ツアーで、曲の途中で作るV字型の先頭に立ったときの印象が影響を与えているのだろうか。

kareto-1.jpg


この前の、上に挙げた手を叩くところで、他のメンバーを背後に従えた生田衣梨奈だけが体でリズムを取ることなく棒立ちだったことが強く印象に残っている。最初見たときは何かの間違いか、と思ったが、ツアーの最後までずっとそうだったから、意図的な演出だったのだろうか。あるいはリズムを取らせたら動きが奇怪になるのでやめさせた、という消極的な配慮か? 9期のユニット曲で着た(コンサート衣装っぽくないという意味で)カジュアルな雰囲気の衣装のせいもあって、このときの彼女には歌の世界の登場人物としてのリアリズムがあった。


この曲ではちょくちょく道重さゆみの近くに来るから、私の視界に入る時間も長くなる。2012年秋~2013年春のモーニング娘。の中で、生田衣梨奈は表情も含めたステージ上での体での表現が一番苦手なメンバーになっている、と思う。飯窪春菜は果敢にチャレンジして壮絶に失敗するが、生田衣梨奈は何をしていいかわからなくなって体が強ばる。このことが、この曲に限っては面白く作用していた。

kareto-2.jpg



道重さゆみの『ラララのピピピ』衣装は、不思議なことにオリジナルのポップな衣装よりもこの曲のパフォーマンスに合っていた。この「恋は難しい」のところのポーズのビジュアル・イメージは強烈。ただし、隣の田中れいなとともに、曲の主人公ではなく、パフォーマーであるように見える。

kareto-3.jpg


そして「パソコンの学校に行きたいな」。ここで道重さゆみがこの曲の主人公かつスターであることがはっきりする。シングルのMVではまったく動きがないこの場面が、こんなものになるとはびっくりだが、こちらを見てしまうとこれ以外のものが想像できない。

kareto-4.jpg

2013年6月29日、モーニング娘。がTBS『音楽の日』に出演

2013年6月29日にモーニング娘。がTBS『音楽の日』に出演し、この時点での最新シングル曲『ブレインストーミング』を披露した。私はモーニング娘。の部分を見ただけで、これがどんな番組なのかをよく知らないのだが、一つたしかに言えるのは、ちょっと前だったら卒業メンバー数人のバックアップ・ダンサー扱いで『LOVEマシーン』あたりの曲をやっていたような、一般視聴者向けのお祭り音楽番組だったということだ。

しばらく前から、「新生モーニング娘。は高橋時代のモーニング娘。を超えたか?」というテーマの記事の構想を考えているのだが、その文脈の中で言うと、今回の出演の最大の意義は「『LOVEマシーン』をやらなかった」ということにあると思う。私がファンになった2009年~2010年頃のモーニング娘。は、この種の番組に出ることも稀だったが、その数少ないチャンスでも「現在のモーニング娘。」を見せることが叶わず、ファンとしては苛立ちが募るばかりだった。これほど進化してきているモーニング娘。が、なんで10年前のつまらないヒット曲をやらなくてはならないのか、という不満があった。

そこで今回の『ブレインストーミング』である。実際に『LOVEマシーン』をやらなかった、というだけでなく、『LOVEマシーン』をやりそうにない佇まいをしている。

ongakunohi-1.jpg


これを見ると、高橋時代のモーニング娘。は『LOVEマシーン』を歌ってもしかたがなかった、番組の制作者や視聴者がそれを求めてもしかたがなかった、と思ってしまう。それほどまでに、いまの「新生モーニング娘。」ははっきりと「新生」していて、過去との断絶がある。

とか言っているうちに、あっさりと別の番組で『LOVEマシーン』とかやっちゃうかもしれないし、次の新曲でまたもや大々的な路線変更があるかもしれないが、少なくともこの時点のモーニング娘。は、楽曲の面でもパフォーマンスの面でも、また全体的な視覚的イメージの面でも、私の中にある「(非アイドル・ファンという意味での)一般人の感受性」に照らし合わせてとても受け入れやすい状態にある。

これは逆に言うと「普通」だということだ。アイドルっぽくなくてつまらないと感じる人もいるだろう。他の「普通」のジャンルのものと比較されることになってハードルが上がることもあるはず。私個人は、このブログで何度か書いてきているように、シングルCDのイメージ戦略としてはこれまでで最も好みだけれども、それだけにライブ・パフォーマンスで見える粗に困惑する。これはほぼ完全にコレオグラファーの問題。


皮肉なことに、今回のテレビ出演では、普段ならば苛々させられるカメラ・ワークとカット割りのおかげでかなり助かった面がある。たとえば、この「か弱き乙女を泣かしちゃならない」。

ongakunohi-2.jpg


この箇所はこの曲の最大の弱点の1つだ。メンバーたちが脚を開閉するステップを使い、円を作って時計回りに回るその動きが、うまく行っているように見えたことがない。ステップが揃っていない、というか、「やり方を揃える」という発想がないんじゃないかと思ってしまうぐらいにバラバラで、各人の移動の距離やタイミングが合わないから、メンバーたちが作っている円形がうまく保たれない。というような問題も、足元を映さないフレームと、ズームのおかげであまり目立たなくなっていた。

そしてこの「人見知りするのが残念なタイプ」。

ongakunohi-3.jpg


片手をニワトリの鶏冠みたいに立てて、「行進」みたいなステップで、各メンバーが入り組んだ円運動をするところなのだが、カメラがなんと外周に沿って移動するため、そのバカっぽさがバレなかった(ように感じた)。この前にある同じ動きの箇所でも、カメラの移動とカット割りのおかげで移動が目立たない。普通ならば「コレオグラファーの意図を無視したけしからんカメラワークだ!」と激怒しているところだが、今回ばかりは「ありがとう!」と言いたい。


それにしても、この超ダサい円運動に対するこだわりはなんとかならないものなのだろうか。『Only you』のときは笑って見ていられる余裕があったけれども、ここ最近の言い訳なしの「かっこいい路線」ではちょっとしたダサさも致命的な傷になりえる。

その意味では、どうせならダサ歌謡色が残っている『ブレインストーミング』よりも、もっとハードな『君さえ居れば何も要らない』の方が視聴者に与えるインパクトも大きくてよかったはず、と最初は思ったのだけれども、あの小さく貧相なステージと、手拍子をするスタジオの観客たちを見ると、『ブレインストーミング』ぐらいがちょうど良かったのだろう。


以下、その他に思ったことを。

● 田中れいなのいないモーニング娘。としての初めてのパフォーマンスだった(実際には他番組向けにこれよりも前に収録したパフォーマンスがあるようだが)。最近のシングル曲は田中れいながいなくても大丈夫なように作られているので、ネガティブな影響はまったく感じられなかった。


● こういうテレビ番組だと歌詞が表示されるからキツい。


● やはり音声関係が難しい。マイクが完全に切られているメンバーが数人。コーラスのところは被せの声しか通していないようで、そこからソロに移るとボリューム調整がうまく行ってなくて、めちゃくちゃ弱々しく聞こえたりする。この新しい路線は、少なくとも音声面ではこの手の番組には向いていない。


● 道重さゆみはコンディション良し。この「賢く生きようじゃないか」に限らず、まったくマイクが通っていない?

ongakunohi-4.jpg



● 冒頭で狂ったように腕を突き上げる生田衣梨奈。

ongakunohi-5.jpg


前の方でメインのダンサーたちがそれっぽいダンスを踊っているのだが、カメラがこのように回り込むもんだから、後ろの方で異様なテンションで腕を突き上げる生田衣梨奈の姿がこうして映像に残された。微妙にリズムが合っておらず、ダンスというよりもなにか体育系女子が「運動」をしている感じ。



● 前述の円運動の終盤で、鈴木香音を突き飛ばす飯窪春菜。

ongakunohi-6.jpg


これはカメラの位置がステージの中心線からずれていたのが原因だったのかな。ちなみにこの2人もコンディションが良かった。コスチュームのせいもあるのかもしれない。飯窪春菜はそれほど痩せて見えず、鈴木香音はそれほど太って見えなかった。
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。