スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念スペシャル~ #1

また更新間隔が開いてしまった。前回のハロコンの感想を、「明日も行くつもりなので今回はここまで」と書いて締めたのに続きを書いていない。実は翌日の感想も書きはしたのだが、批判的な内容ばかりになってアップロードしなかったのだった。すでにそれほどの思い入れをしていない対象に関して、リスクを負ってネガティブなことを書いても仕方ないような気がした。その後もアイドル全般に対する関心は低空飛行を続けており、かろうじて追いかけているのはモーニング娘。とアイドリングとスマイレージと、このブログでアイドル全般に対象を広げる前の状態に戻ってしまった。それでいいのかもしれない。

で、2013年春ツアーが始まったので、初日に八王子まで行ってきた。昼は都合で行けなかったので、夜公演のみ。昼には12期オーディションの発表があったらしいが、どういうことなのか私はまだよくわかっていない。

久しぶりのアイドル・コンサートということで、かなり楽しみにして足を運んだのだけれども、少しばかり不満が残ったかな。昨年の秋ツアーの出来が良すぎて、ハードルが上がっていたというのもあると思う。ああいうものを毎回見られるという非現実的な期待はしないでおこう。

今回の最大の問題は、最近のシングルのB面曲などを含む新曲が軒並み良くなかった、ということだと思う。この点は、メンバーたちがパフォーマンスに慣れ、私の耳が慣れていくに連れてまた変わっていくかもしれない。ただ一つ気になるのは、これまで誰かが卒業するコンサート・ツアーがいずれも相対的に見劣りしていた、ということだ。

2010年春
2010年秋 - 亀井・ジュンジュン・リンリン卒業
2011年春
2011年秋 - 高橋愛卒業
2012年春 - 新垣里沙・光井愛佳卒業
2012年秋

こうして振り返ると、2010年春、2011年春、2012年秋の3つはやはり良かったのだ。無理に順位を付けるならば、私の中では2010年春と2012年秋がベストで、2011年春がそれに続く。その後、2010年秋、2012年春、2011年秋の順番か。卒業ツアーの最終日のセレモニー付き特別セットリストが悪いと言っているのではなく、それ以前の通常の公演でもなぜか卒業ツアーは相対的に見劣りするという印象がある。どういう要因が効いているのかわからないが。で、田中れいな卒業ツアーもこのジンクスにまんまとハマってしまったようだ。


とか言いながら、久しぶりのモーニング娘。のコンサートは楽しかったし、道重さゆみの姿にはやはりズドンと来るものがある。神懸かり的な瞬間が今回は(ほとんど)なかったということだ。


● 前座でハロプロ研修生から選ばれた新ユニット「Juice=Juice(ジュースジュース)」がオリジナル曲を披露した。研修生としての活動を通してポテンシャルを見せてきた人たちがなんとも陳腐なアイドル・グループになっていて、「ほんとアップフロントって素材を殺すよな~」と思うか、「それぐらいデビューというのは大変なんだ」と思うかは人それぞれということか。引き合いに出して悪いけれども、この布陣なら初手からアップアップガールズ(仮)あたりは超えていて欲しいのに、現実はそうはならないということのようだ。デビュー曲を聴く限り、つんくプロデュースから離れている分だけアップアップガールズ(仮)の方がまだ未来が明るいような。

各自ばらばらのカジュアルな衣装は良かった。それを含めて、全身のスタイルを含めた全体的な容姿に、なんというかハロプロ的でない「都会的な感じ」があって、別の人の手に委ねればポテンシャルはありそうなだけにもったいない。いずれにせよ高木紗友希と宮本佳林のモーニング娘。入りはこれでなくなった。ということは田辺奈菜美が12期で入ってくるのか!?


● 田中れいなのバンド「LoVendoR(ラベンダー)」(Rが左右逆)がパフォーマンスを初披露。2曲やったのだが、前座扱いではなく、オープニング・ビデオが始まる前の導入部扱いのようだ。これについては…

うーむ。難しい。これがどういう経緯で決まり、どういう形でプロデュースされているのか私はよく知らないのだけれども、田中れいなのファンとしては楽しくやって行ってほしいと言うしかない。ただ、私はこのグループのパフォーマンスは見に行かないだろう。ロック・バンドでドラムスとベースがカラオケというのは何か根本的に間違っている気がする。というか、そういう形があってもいいが、それだとギター(このバンドではギター2人)に何か超絶的なカリスマがないと保たないのではなかろうか。

初めて見た他のメンバー3人は大人の女性っぽくて、その中に入った田中れいながこどもに見える。田中れいなの最大の弱点を際立たせてどうするのか、という感じだが、これを乗り越えるものが彼女にあるのかということが最大の焦点になりそうだ。

オリジナル曲は典型的に陳腐なJ-ROCKだった。そして2曲目にRCサクセションの『雨上がりの夜空に』のカバーをやったのだが、パフォーマンスの出来はともかくとして、田中れいなが「こんな夜に 発車できないなんて」とか「いつものようにキメて ブッ飛ばそうぜ」と歌っているのを見るとおそろしい違和感がある。

モーニング娘。を初めとする日本のアイドル・グループでは巧妙にこの点を無効にしている(から私はとても面白いと思っている)のだけれども、歌手が歌を歌うときの、その人が歌う歌が believable であるかどうかという点で見て、田中れいなによる「こんな夜に おまえに乗れないなんて」は信じられない度がそうとう高い。このグループの他の3人ならまだなんとかできそうな気もしたけれども(まあ今回はまだ出来てなかったけど)、田中れいなには永遠に無理というか、いままでのようなアイドル活動をしていたら無理だと思う。

その点をなんとかする覚悟が本人にはあるのだろうか。モーニング娘。を卒業したら芸能人をやめて地元に戻りたい、などと言っていたこともあるような彼女に。この点では道重さゆみの方がまだ適性があると感じる。それとも私は田中れいなにまんまと騙されて来ているのだろうか。なんかこれ書いててアツくなってきた。


● オープニング・ビデオでは道重さゆみが大活躍。"Being John Malkovich"を思い出させる趣向で、自分の中でメンバー・カラーという概念がどれほど根付いているかを改めて気づかされた。


● ビデオの後は、未発売の『君さえ居れば何も要らない』に続けて、『Help me!!』、『ワクテカ Take a chance』と最新シングル3連発なのだが…

『ワクテカ Take a chance』のリリースが、ちょうどこのブログの更新頻度が落ちた時期と重なっていて書き損ねていたのだが、この『ワクテカ Take a chance』ってモーニング娘。の歴史上、最高傑作なんじゃないかと思うぐらいよく出来ていて、これと比べるとその後の2曲も、またアンコール1曲目の『One・Two・Three』も見劣りするよななどと思っていたのだけれども、今回多数披露されたB面曲たちはそれ以上に悪かった。曲が散漫すぎてコレオグラファーも投げた、という感じ。今ツアーはこれらの曲の比重が高いのでダメージが大きい。


● メドレーの中で『Only you』をやったのだが、ステージ全体に散らばって個別に踊るという構成だったせいで、例のぐるぐる回る盆踊りがなくなり、いままで見たなかで一番見やすかった。『君さえ居れば何も要らない』、『Help me!!』、『One・Two・Three』あたりも、ここまで枯れれば見やすくなるのかも。いや、野心的なコレオグラフィーは肯定的に評価したいのだけれども。


● 9・10・11期による久しぶりの『ピョコピョコ ウルトラ』はテンポを早めていたかな? ひよこの衣装じゃないといまいち盛り上がらない、というか、あの衣装がコミカルなダンスに説得力を持たせていたわけで、普通の服でやると難度が上がるような。


と、とりあえず思いついたことを。明日も行くので今日はここまで。今度はちゃんと書いてアップロードしよう。
スポンサーサイト

モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL ~田中れいな卒業記念スペシャル~ #2

初日に続いて、2日目の2013年3月17日(日)も八王子に行ってきた。昼・夜の2公演。

前稿から大きく方向転換することになるが、これがめったやたらに楽しかった。セットリストの一部に変更があったこともあるが、単純に、この日は前の方の席で見たことが効いていると思われる。目と耳が慣れてきたことも大きい。以下、昨日の文章は何だったんだというような称賛が続く予定。


● オープニング・ビデオ後1曲目の新曲『君さえ居れば何も要らない』(YouTubeのダンスショット・バージョン: http://www.youtube.com/watch?v=j4xYQ4iqTOY")は安心して聴けるいい曲だと思う。コレオグラフィーは、このところグルグル回りすぎで食傷気味なのだけれども、今回、この後の『Help me!!』と『ワクテカ Take a chance』の並びを見ていて思ったのは、個々のメンバーを追っていると情報量が多くて飽きない。たしかに精査に耐える複雑な動きをしているし、各メンバーは鑑賞に値するパフォーマンスを見せている。

そうは言いながらも、トーク・セグメントを挟んでの『ブレインストーミング』(YouTubeの映像:http://www.youtube.com/watch?v=vj6OM906Mhs)までこんな感じだと、曲作りとコレオグラフィーともに、アイデアが枯渇気味なんじゃないのかと疑いたくなる。いずれにせよ、こういうのをセットリスト冒頭に集めて、いまのモーニング娘。の柱はこの路線にするという主張は十分に伝わってきた。


● そのせいで、能天気な直球のポップスが活きている。この直後の『Loveイノベーション』とか、アンコールの締めにやる『Happy大作戦』は、このツアーだからこそ大きな効果を発揮している、ということになるのではないかと予想する。『涙ッチ』が結局は2010年春でしか活きなかったのに似て。この2曲はCD音源で聴くとつまらないかもしれないが、今ツアーでは非常に楽しいパフォーマンスに仕上がっており、特に『Happy大作戦』は公演最後の曲にふさわしい盛り上がりを見せる。これは2012年秋ツアーよりも良い点の1つ。


● メドレーの内容が土曜日のものから変わった。今日は昼・夜と同じ内容で、『Ambitious!野心的でいいじゃん』、『笑顔YESヌード』、『女が目立ってなぜイケナイ』、『なんちゃって恋愛』、『気まぐれプリンセス』、『彼と一緒にお店がしたい!』という並びだった。曲を工夫なくつなげるだけの手抜きメドレーだが、特にこの日の曲構成は、いまのモーニング娘。はいつの間にか旧体制の時期のシングル曲をこなせるようになっていたんだな、と実感させるものだった。個人的な思い入れの影響が強いと思うが、この構成のメドレーが今回のベスト・パフォーマンス。


● 鞘師里保と小田さくらによる『大好きだから絶対に許さない』は、モーニング娘。のこの手のバラード系少人数ユニット曲としては出色の出来だった。私にとっては、鞘師里保のこれまでのベスト・パフォーマンス。歌も踊りもとても素晴らしい。小田さくらはこれに限らず新人と思えない安定ぶりで、技術的な面はもちろんだけれども、精神面でのタフさは尊敬に値する。自分が中学生のときはとてもこんなことできなかったな、とか思うが、考えてみればいまの自分もこんなことできないのだった。こういう人は今後どうなっていくのだろうか。


● 田中れいな・飯窪春菜・石田亜佑美による『私のでっかい花』は、たぶんそうだろうなと思って確認したら、やはり編曲はAKIRAだった。ヴォーカル面でも(石田亜由美を除いて)ダンス面でもその適性がない人たちによる似非ヒップホップだが、強い印象を残すチャーミングなナンバーだった。


● 夜公演での田中れいなの回替わり曲『Rockの定義』で、譜久村聖と石田亜佑美がバックアップ・ダンサーをやったのだが、これが素晴らしかった。モーニング娘。も自前でこんなことをできるようになってるんだな、という感慨がひとしお。シャープさの石田亜佑美と柔らかさの譜久村聖と、ダンスのタイプが違う2人だったのが興味深い。私は夜公演は左前方の席にいたので、譜久村聖のダンスはあまり見られなかった分、石田亜佑美を近くで存分に見ることができた。これに限らず今ツアーでは石田亜佑美が目立つところが多くて嬉しい限り。


● 鈴木香音が少し復調している? ステージ上でこれまで以上に表情豊かになり、動きも大きくなったように感じる。やけくそという可能性もあるけれども、彼女のパーソナリティからして、パフォーマンスの方向性はこれで正しいに違いない。


● 夜公演の『ワクテカ Take a chance』後のトーク・セクションで譜久村聖が鼻血を出して一時退場し、司会役の道重さゆみのコントロールの下、メンバーたちがトークで時間稼ぎをした。これがスリリングで興味深かった。生田衣梨奈が安定した自虐スベリ・ギャグで大活躍。結局、譜久村聖はこのタイミングでは帰ってこられず、スタッフがステージ上にやってきて、鞘師里保に、たぶん歌パートを任せることを耳打ちで知らせた。譜久村聖は3曲抜けて、6期トーク・セクションの後の『ピョコピョコウルトラ』で復帰した。

復調を感じられた鈴木香音とは異なり、生田衣梨奈はステージ・パフォーマンスの面では相変わらず調子が出ていないけれども、今回のような場面を見ると、彼女なりのニッチを確保していることがわかるし頼もしい。ちなみにこの人は調子が悪くても見ていて面白い人ではあるので、視線はよく行っている。映像資料がほとんど残っていないから確信は持てないのだけれども、道重さゆみもこれぐらいの年齢のときは、ステージ上ではひょっとしたらこんな感じだったのかもな、と思うことがある。


● 田中れいなは、バンドやソロで目立っている分、昨年の秋ツアーよりも後景に退いている感がある。すでに少なからずのナンバーがポスト=田中時代を予感させる構成になっている。


● 肝心の道重さゆみは、「主役」の田中れいなを立てながらも、大喜利コーナーでの司会役や、前述の譜久村聖のトラブルのときも含めて、コンサートの進行を見事にコントロールしている。この点での安定感はさすがだと思う。私が見始めたころ、モーニング娘。はどちらかというとこういうのが下手な部類に入っていたわけで。

が、そういうのよりも何よりも、やっぱりこの人は美しい。アイドルの分野に久しぶりにこうやって立ち戻って思うのは、美しいのが何よりも大事。それがこのジャンルの一番の強みであり、世界の中での比較優位なのだから。
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。