スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター ~ #1

1か月以上更新がなく、ページ上部に広告が表示されるようになっていた。久しぶりのブログ更新は、表題のとおりモーニング娘。の秋ツアーの感想である。

9月15日から始まった2012年秋ツアー初日の昼・夜両公演を見に行ってきた。ブログの更新が途絶えている間、モーニング娘。を含めてアイドル関連の情報にもほとんど接していなかったため、新メンバーのブログが始まったことや11期メンバーが決まったことも知らなければ、このツアーの軸となっている新アルバムも聴かないまま、フレッシュな気持ちで会場に向かった。

私にとっては、ここ数か月のモーニング娘。に感じていたいくばくかの不満/不安を吹き飛ばす、いいコンサートだった。すごい底力だな、と感じるのと同時に、改めて、こうやってツアーを通して完成度を高めたあとに、一般消費者層に向けてリリースするという順序にすればいいのに、と思った。


● 『One・Two・Three』と『The摩天楼ショー』は、夏のハロコンのときとは違って、ちゃんと奥行きが確保されたステージでのパフォーマンスで良かった。これに限らず、今回のステージの構造とその使い方は比較的シンプルだったように感じて好印象。あるいは私にまだ余裕がなくて、細部を見られていないだけか。


● 新アルバムはまだ買っていないので、この日にライブで二度聴いただけでの感想になるが、メロディーと歌詞と編曲の統一感のなさがますます激しくなってきているように思った。ただ、コレオグラフィー付きでライブで見ると化ける曲があるのは相変わらずで、今回はオープニング・ビデオ前の『What's Up? 愛はどうなのよ』が不思議な盛り上がりを見せて面白い。ツアー・コンサート以外のセッティングで見たら壊滅的になりそうな気もするが、そのまま紹介ビデオに流れ込むオープニング3曲目としては神懸かり的な展開だった。


● メドレーは夏のハロコンよりもさらに丁寧に作り込んであって非常によかった。素材のクリエイティブな扱い込みで、私の中では2010年春ツアーのメドレーと並んだ。あちらが昔のポピュラーな曲を入れた「一般人向け」だったのに対し、こちらは最近の若干マニアックな曲を素材として使った、テクニカル指向の「マニア向け」か。それゆえにファン心理がくすぐられたのかもしれない。


● 『恋愛ハンター』の精度が上がっていた。細かい無駄な動きがそぎ落とされていたという印象もあったが、どうだったのか。いずれにせよ『One・Two・Three』と『The 摩天楼ショー』、そして今回のアルバム曲を経たいまから見ると、『恋愛ハンター』は1つの通過点で、余裕を持ってこなせるようになっているように見えた。


● 試金石の『リゾナント ブルー』はやっぱりまだキツい面があるかなと思ったけれども、思い返せば2010年の高橋体制のモーニング娘。も完璧にこなせていたわけではなかったのだ。また、こういうのはスキル以前の話として年齢と体格が効いてくる。そんな中で道重・田中の2人は別格として、譜久村聖が確実に集団から一歩抜け出していた。


● このブログではどうもコンサートの感想となると譜久村聖を絶賛してばかりなのだが、別にファンではないし、容姿もパーソナリティも特に好みではない。夜公演で道重さゆみとやったトークのコーナーでのアンパンマンの話はどうなるかと思った。ただステージ上では見ていて安心できるだけでなく、面白い。だから、安心できるが、面白さの面ではいまいちだった高橋愛よりも目がよく行くことになる。


● もう一人、春頃からよく目が行くようになったのが佐藤優樹。若手の中で非常に大物感がある。いつ見ても必死さが感じられず、いい感じに力を抜いて、ポイントをおさえた動きをしている。


● 10期メンバーによる『青春ど真ん中』はものすごくよかった。他のアイドル・グループでこの年齢層のメンバー4人集めてこんなにバランスのとれた作品は絶対にできないだろう(スマイレージ除く)。キュートなだけならばいくらでもできるだろうし、技術指向だったらそれなりのバックグラウンドがある人を集められるグループもあるかもしれないが。


● 飯窪春菜は背が高いという印象があったのだけれども、今ツアーでメンバーが揃っているところを見ると、また特に上記の『青春ど真ん中』を見ると、それほど大きくない。他のメンバーたちが成長してきている、ということなのだろうか。その中で、華奢な体型がますます目立って、むしろ小柄に見えてしまう。上記の佐藤優樹とは対照的に必死な人だが、見ていて面白い。


● 注意して見ていることが多かった石田亜佑美だが、今回はあまり強い印象がなかった。足の怪我が響いた、ということもあったのだろうか。


● 田中れいなはさぞかしコンサートを楽しんでいることだろう。歌も素晴らしい。本人が何かで言っていたが、高橋愛が抜けてから曲のキーが高くなって歌いやすくなったとか。今回のアルバム曲にもあったテクノ風・ロック風のテンポの速い曲には、田中れいなの高音がよく似合う。それを本人が楽しんでいるのが伝わって来るのが何よりも見ていて気持ちいい。ソロ曲の『涙一滴』はダメダメ歌謡曲だったけど。


● その他は…生田衣梨奈が失速しているうちに、鈴木香音が追い上げてきた。鞘師里保は、うーむ、このままだとやばそう。工藤遙はまだこどもだが、変にこなれたキッド・ダンサーでないのは好感持てる。新メンバーの小田さくらはまだよくわからない。ビデオをちょっと見たら歌い方がすでにハロプロ調だったのでちょっと不安だが、それゆえに選ばれたんだろうしな。


長くなったのでエントリを分ける。

120915-zama.jpg
スポンサーサイト

モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター ~ #2

今ツアーで、私が初めて見た2009年~2010年のモーニング娘。からの変身が完了したという印象がある。新垣里沙の存在感はやはり大きく、そこにいるだけでどうしても高橋体制を想起させていた。翻って、道重さゆみと田中れいなは「新生モーニング娘。」にうまく移行している。他の旧メンバーたちだったらこうもうまく行っていなかったのではなかろうか。2009年からの流れは必然だったという感すらある。


今ツアーは道重体制での初ツアーであり、もちろんファンとしては感無量だ。歌パートは以前から増えつつあったが、今回はステージ中央で踊っている場面が増えたため、何か別の物を見ているように感じる。思い返すと2010年春の『ピカッピカッ』で、初めてツアーでの道重さゆみを見て、ああこの人はなんて凄いんだろうとノックアウトされ、初のツアー鑑賞だったのに20公演以上も見に行ったのだけれども、数か月後に発売されたライブDVDを見ると、あれだけずっと見ていた道重さゆみがほとんど映っていないのだった。まあ単純に8で割ったら出番が短いのは当たり前なのだが。


あのときのことを思い出すと、改めて驚くのは、道重さゆみが2009~2010年当時よりも「若々しく」、「かわいく」なったことだ。2010年正月のハロコンと春のツアーで刷り込みが行われた私にとっては、これは諸手を挙げて歓迎できる変化ではない。2009年に『It's You』をやっていた彼女が、2012年に『ラララのピピピ』をやっているというのはやっぱり奇怪である。でもたぶん本人はこっちの方が気に入っているだろうし、自分にとって自然なことをやっているという思いがありそうだから、ケチをつけてもしょうがないし、上に書いたように、このように変わっていったからこそ、「新生モーニング娘。」が可能になっているわけで。フレッシュなメンバーたちを従えて中央に立っている彼女は、ちょうどいい具合の状態にあると思った。


この新生モーニング娘。のコンサートの、私にとってのもう1つの大きな変化は、より多くのメンバーに目が行くようになったこと。これはたぶん道重さゆみの言うところの「若い子に流れる」という現象ではない、と思う。ステージ上でのパフォーマンスを見ていて「面白い」人が増えたのだ。このブログのコンサートの感想文でも、道重さゆみ以外のメンバーに細かく言及することが増えているはず。


最後に。明らかにダンスのタイプが変わり、普通のダンス&ヴォーカル・グループがやりそうなムーヴが増えてきた。これは興味深い変化なのだけれども、一つ気になるのは、高いヒールを履いてやるのには適していないものがあるんじゃないか、ということ。複数のメンバーが足(脚?)の故障を抱えているのは、これと関係があるのではないか、と、ステージ上でのちょっとしたぎごちなさを目撃して思ったりした。

モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター ~ #3

昨日、山口の昼夜両公演を見たあと福岡に移動。慣れないiPhoneを使って書いている。福岡公演で印象が上書きされないうちに感想を手短かに。

前回、メドレーを2010年春ツアーのメドレーと比較したけれども、ひょっとしたらコンサート全体が2011年春を抜いて2010年春と並ぶかな、と思った。最終日までまだ3か月もあるということもあるし、私が見たなかでの最高傑作に仕上がるのかも。


トークのコーナーにはずれがなくなった。道重田中の6期コーナーがなくなったと知ったときには残念に思ったが、いまのかたちの方が新鮮だし、なによりも未来につながる。それ以外の普通の進行の部分も含めて、トークの面ではいままで見たツアーの中では最高だと思う。いやもちろんこれまではそんなのはたいして重要じゃないと思ってきたわけだが、実際に上手くまわっているのを見たら、そっちのほうがいいのは当然なわけで。


『ラララのピピピ』を4回見てどこかが麻痺したのか、大傑作に見えてきた。これに説得力を持たせてる道重さゆみはやっぱりすごい。レインボーピンクとは違ってこっちだったら20代後半まで行けるのではなろうか。


今回は意識してあまり見ていないメンバーを見ることにした。夜公演は前の方だったので、近くにきた人を。

工藤遥はほんとにまだこども。こどものうちにダンスを体に叩き込まれていないことがいい方に働くといいのだが。歌声はいい。全体的にまだ未知数だ。

鈴木香音はリンリンや亀井絵里を思い出させる。形ができていることがあっても何かがおかしい。体型も関係しているかもしれないが、リズム感の問題もあるのか。

生田えりなは体と表情が頭についていっていない感じが相変わらず面白い。いろいろ考えてがんばってるんだろうなと思うと愛おしいというのはある。

石田あゆみは、縦はもう無理かもしれないので、せめて横方向に肉をつけてくれないと、おなかを出す衣装で痛々しくて見ていられない。というぐらいの軽量型。

鞘師里保は、高橋愛と同じく、後列のダンサーとして配置するべき人だという印象はますます強くなってきている。いまの路線はもう揺るがないのだろうから、あれこれ言っても仕方がない。

道重さゆみが久しぶりに脚を攣ってパフォーマンス途中で退場。2011年春千秋楽以来か?凱旋公演での舞い上がり振りからの落差もあり、相変わらずドラマチックな人である。

道重さゆみにとって、いやそれだけでなくモーニング娘。にとっての最後の山口公演になるかもしれないコンサートだったわけだが客入りも含めて大成功。ほんとに来てよかった。

モーニング娘。誕生15周年記念コンサートツアー2012秋 ~ カラフルキャラクター ~ #4

福岡公演昼夜と見て、ホテルに戻ってまたiPhoneで書いている。いやあ、面白かった。夜公演は少し後ろめの席だったこともあり、ようやく冷静に全体を見渡すことができたように思う。

今ツアーの印象がこうも良い理由のひとつに、ダレる時間帯がほとんどないということがあると思った。新曲にはいいものもそれほどでもないものあるが、大部分のナンバーに何らかの見所がある。

今回、明らかな居心地の悪さを感じるのは、田中れいなのソロと、最後の『Be Alive』ぐらいか。回がわりの曲には当たり外れがある。

回がわりの曲といえば、夜に生田ふくむら鈴木工藤でやった『一切合切あなたにあげる』がとても良かった。単純によくできてるだけでなく、生田鈴木工藤の三人にとっては今ツアーの最大の見せ場で、三人とも大成功していると思った。マイクスタンドを使ったパフォーマンスであることがいい方向に働いているのだろうか? 歌声もダンスも良い。


それにしても田中れいなは絶好調だ。不吉なほど完成していて、卒業しちゃうんじゃないかという根拠のない不安を感じたほど。


11期メンバーの小田さくらは、これで6回見たことになるか、毎回なにかしら強い印象を残していく。落ち着いた喋りも合わせて、いまのところとてもいい印象を受けている。今ツアーは新メンバーの紹介のセグメントすら面白い。

スマイレージ ライブツアー2012秋 ~ちょいカワ番長~ #1

2012年9月29日、横浜BLITZにスマイレージの秋ツアーを見に行ってきた。2回まわしのうちの昼公演のみ。最初の方はかなり退屈な内容で、このブログにネガティブなことを書かなくてはいけないのかと少々憂鬱だったのだけれども、中盤がなかなか面白く、全体として満足できる内容だった。

率直に言って、すでに6公演も見てしまったモーニング娘。の秋ツアーと比較するとどうしても見劣りする。これは私としてもびっくりな出来事なのだ。振り返ると、昨年の秋、まだ2期メンバーが「サブメンバー」だったときに行われた2011年秋ツアーの感想では、モーニング娘。の秋ツアー(高橋愛卒業ツアー)よりもこっちの方が「フラストレーションを感じずに楽しむことができた」と書いているし、2012年正月のハロコンの感想でも、モーニング娘。よりもスマイレージの方に好印象を受けている。あれから、というよりもこの数か月で、モーニング娘。が驚くべき勢いで進化したのである。

正月のハロコンで、モーニング娘。の9・10期とスマイレージ2期の若手たちでオープニングのダンスをやったとき、今後はダンス・パフォーマンスの平均点が高いスマイレージの方がこの路線に向かうのかと思ったのだが、蓋を開けてみればあれのコレオグラフィーを担当したYOSHIKOがモーニング娘。向けにそれっぽい作品を連続して提供し、スマイレージは「アイドル路線」を突き進むという展開になった。

自分のブログを見返すと、1月に書いた『チョトマテクダサイ!』のミュージック・ビデオの感想の中で、この役割分担については予想・言及しているのだが、実際にこうやってその結果を目の当たりにすると悄然としなくもない。モーニング娘。のメンバーたちのポテンシャルが高かったということもあるだろうし、スマイレージが突き進んでいるのが難しい道だということもありそうだ。それ以前に、事務所が各グループにどれほどお金をかけているかが大きく影響しているのは間違いない。今回のコンサートにしても、観客動員数がぜんぜん違うから当たり前なのだけれども、モーニング娘。の秋ツアーと比べて設備費も人件費も掛かっていないのがはっきりわかる。


● さきに「退屈」だった点を。スマイレージの最近のシングル曲は、作詞・作曲・編曲ともにストックをカット&ペーストして作ったんじゃないかと思うようなものが多い(まあスマイレージだけじゃないが)。それに付くコレオグラフィーもアイデアの使い回しが目立つような気がする。そして今回のコンサートでは、それらのシングル曲のスタンダードな振り付けを、横浜BLITZに作られたステージの上の段か下の段でやっているだけ、という感じのナンバーが多かった。これだとシングル・リリース・イベントや最近よく参加している「アイドル・フェスティバル」的なコンサートのパフォーマンスとそう大して変わらない。コンサート・ツアー向けにじっくり練られたものを見たいという欲求が満たされないものがけっこう続いたのである。


● ハロプロ研修生が帯同し、一部の曲のバックアップ・ダンサーとしてだけでなく、単独で2曲を披露している。参加するのは宮本佳林、田辺奈菜美、浜浦彩乃、田口夏実、大塚愛菜の5名だが、この日、大塚愛菜は膝を痛めたとのことでお休みだった。ハロプロの全グループに浅いながらもいちおう目を配ってはいるつもりである私も、研修生のパフォーマンスはハロコンや真野恵里菜のバックアップ・ダンサーとして見るぐらいで、歌を歌いながらのパフォーマンスを生で見るのは初めてだった(ハロコンで新ミニモニの一員として宮本佳林を見たことはあるが)。でまあ、オリジナル曲『彼女になりたいっ!!!』は典型的なハロプロ的駄曲でダメだったけれども、『かっちょ良い歌』は非常によかった。宮本佳林と田辺奈菜美がハロプロの正式なグループのメンバーになっていないのが理解できない。というようなことは多くの人が言っているのだろうな。数年後に、とうていグループの一員として活動できるような人じゃなかったことが判明した吉川友のような例もあるし、それなりの理由があるんだろうなと想像するしかないわけだが。

コンサート終盤の、ハロプロ研修生が壇上でバックアップ・ダンサーとして踊るセクションでは、そっちの方ばかり見ていたし、それで十分に楽しめた。宮本佳林の親の仇にでも会ったようなダンスはなかなか興味深かった。大きな体の田辺奈菜美も面白い。浜浦彩乃と田口夏実はまだよくわからない。


エントリを分ける。
120929-yokohama.jpg

スマイレージ ライブツアー2012秋 ~ちょいカワ番長~ #2

● 『君は自転車 私は電車で帰宅』は℃-uteのオリジナルよりも安心して聴けた。オリジナル・メンバーが2人抜けても、ヴォーカルの強さは健在。福田花音のハロプロ唱法色が強くなっていたのが少し残念だった。


● たぶん回替わりなのだろうが、メドレーが全体的によかっただけでなく、そこに入っている竹内朱莉の『元気ピカッピカッ!』がとてもよかった。中西香菜の『涙が止まらない放課後』も味があって悪くなかった。


● デビュー当初の印象と比べると、田村芽実が足踏みしている間に中西香菜が大きく詰めたという感じ。勝田里奈は別のトラックを走っているため比較ができないが、私としては徳永千奈美的な「何を考えてやっているのかよくわからない」感が面白くなくもない。


● トークを含めた、パフォーマンス以外の部分が劣悪なのは相変わらず。今回はみんな揃ってももクロの黄色みたいな煽りをやって悲惨なことになっていた。それでも昨年のスカートめくりよりはマシ。


● 福田花音の好調ぶりが田中れいなのそれと重なる。和田彩花は足を痛めて、椅子に座ったままのパフォーマンスになったためよくわからなかった。


● 改めてモーニング娘。との比較になるけれども、今回のスマイレージを見て、「アイドル・ダンスは難しい」ということを改めて思った。「準拠すべき型がない」というか。いやもちろんアイドルというジャンルはそれなりに成熟しているから、「型」はないわけじゃないのだけれども、何かしらオリジナリティを出そうとすると予測不可能な領域に足を踏み出さざるをえなくなる。これと比べるとモーニング娘。のここ3曲の路線は非常に「安全」なのだ。


スマイレージがこっちの道を行くことはたぶん既定路線なのだろうから、メンバーたちには果敢にチャレンジしてもらいたいものだ。なおツアー・コレオグラファーは依然としてYOSHIKOがやっているようだ(http://ameblo.jp/yoshiko-445-yoshiko/entry-11367110691.html)。


● 今回、ハロプロのコンサートに行き出してほぼ3年目にして初めて、客席で写真を撮っている人を近くで目撃した。これについては別エントリで。

短文エッセイ: 露店売り写真と著作権

この手の話は人から聞いたり読んだりしたことはあったけれども、自ら見たのは初めて。

スマイレージの秋ツアーをやっていた横浜BLITZで、客席で堂々と写真を撮っている人を初めて近くで目撃した。コンサート会場近くの露店で売っている、例の妙にセンスのいい写真の供給者だと思われる。ファミリー席中央ブロック3列目に座っていた男女2人の客で、男の方が巨大なレンズを服で隠しながら、コンサート中ずっとファインダーを覗き込んで写真を撮っていた。

途中でスタッフが2回やってきてなにやら話し込み、男の方が2回、会場の外に連れ出されたけれども、すぐに戻って来て撮影を再開した。というわけで、裏で話がついているというのはやはり本当なのだろう。

私はアイドルの写真は公式のものも露店売りのものも買ったことがないのだが、露店ものはおおむね出来がいいから、ツアー毎に一度はお店に立ち寄って商品を眺めることだけはしている。で、ぬるま湯商売じゃないと質は高くなるんだな、と毎度感嘆するのである。


ところで。

このブログでは著作権に配慮して、オフィシャルな写真や雑誌・ウェブサイトなどに掲載された写真は載せないようにしている。アイドルの画像を載せている場合、それはすべて動画のキャプチャ画像を、「引用の範囲内」で使用している、はずである。

しかし今回の私の経験を鑑みるに(いや別に鑑みなくてもそうなのだが)、露店売りの写真は、著作権を主張する人がいないだろうから、そのままブログに載せても問題は生じなさそう。と思ったというお話。
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。