スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハロー! SATOYAMAライフ』 - 20120726

7月26日放送分の『ハロー! SATOYAMAライフ』では、里山セグメントで道重さゆみが団扇の写真で初登場したのでいちおうキャプチャ。光井愛佳がちらし寿司を作っているときに、石田亜佑美が団扇で酢飯を冷ます。

120726 SATOYAMAライフ-1


なお私はいままでこの手のグッズを買ったことがない。という話を書き始めたのだが、これは短文エッセイのネタとしていずれまた。でもこの団扇はいい写真が使われているな…


夏のハロコンを紹介するセグメントがあったのだが、道重さゆみはまったく出て来ない。と思っていたら、たぶん最後のメドレーの終わりの表情が一瞬映った。

120726 SATOYAMA-2


久しぶりに映像でヘロヘロ顔を見たという感じがしてよかった。ついでに久しぶりのanimated GIF。素晴らしい。

sayu.gif



● 里山セグメントは相変わらずつまらないが、光井愛佳を除くと矢島舞美・中島早貴・飯窪春菜・石田亜佑美と好みの人選なので複雑だ。光井愛佳と石井一族とナレーションと音楽と下手な台本をなくし、メンバーにカメラを持たせてできた映像を編集なしで流したら面白くなりそうなのにもったいない。


● ハロコンを紹介するセグメントでは、真野恵里菜の卒業発表がちょっと。そして里山関連の新ユニット2つの紹介があった。「SATOYAMA movement」とのこと。『フォレフォレ~Forest For Rest~』は「beauty forest」という歌詞と、それの音への乗せ方がつんくっぽいバカ英語だなと思ったのだけれども、調べてみたらつんくの曲じゃない?

そういえば私がファンになる遙か前に、石川梨華と道重さゆみによる「エコモニ」というユニットがあって、これの『HELP!!~エコモニ。の熱っちぃ地球を冷ますんだっ。~』という曲が、私が聴いたなかでのハロプロ・バカ英語曲のナンバー1だ。

なんせコーラスで「HELP! HELP! DANGEROUS EARTH」とリフレインするんだから。これだと、「危険な状態にある地球」ではなくて、津波や火山活動が危険だという意味での「危険な地球」である。そのせいで、そのあとの「THE EARTH CRIES」が「地球が泣いている」じゃなくて「地球が雄叫びをあげている」みたいに聞こえてくる。

と思っていたのだけれども、いま改めて歌詞を読んでみると(http://www.uta-net.com/song/36480/)、まさにその意味で使っている? 地球温暖化によって地球が人間に牙をむきはじめるから「助けて! 助けて! 危険な地球が襲ってくる 助けて! 助けて! 地球が怒号をあげている」と歌っているのか? 急に自信がなくなってきた。
スポンサーサイト

Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2012 夏 ~Wkwk(ワクワク) 夏のFAN祭り!~ #1

2012年8月11日、中野サンプラザに夏のハロコンを見に行ってきた。ツアーは7月21日に大阪で始まっていたが、東京でやるのはこの日が初めて。2回公演のうちの夜の部「Wkwk(ワクワク) 夏のFAN祭り!」のみ。当日券目当てで行ってみたらぎりぎり買えたのは幸運だった。

しょっぱなから『ももち!許してにゃん・体操』とつんくが出てくる変なビデオでかなりの精神的ダメージを受けたけど、その後はパフォーマンス中心のテンポのいい内容で、総じて楽しめた。初めて聴く/見る曲が多かったので得をした気になったというのもある。


● 開演前、ホールのドア横で吉川友が握手会をしていた。並ぶ列もなく、人が集まっているわけでもなく、人気の格差というものを感じた。これほどまでに違いが出るものなのか。


● モーニング娘。の春のコンサートに続いて、みやさと奏が前座で歌った。春と比べると重厚感が出てきたような気がする。別の言い方をすると、すでに演歌のおばさんっぽくなりつつある。


● モーニング娘。の『One・Two・Three』は、ステージの奥行きが狭くて踊りにくそうだった。自前で設計しているステージで、何であんなことになるのか。


● ℃-uteの『会いたい 会いたい 会いたいな』は、私にとっては『Danceでバコーン!』以来の好みのタイプのパフォーマンスだった。曲はともかく、ダンスは理に叶っていて、メンバーたちに合っていたように思ったし、めまぐるしい変化が見ていて面白かった。


● 真野恵里菜の『Song for the DATE』は面白みのない曲だと思っていたのだけれども、アイドルが頑張って歌う歌として見応えがあった。


● スマイレージの『好きよ、純情反抗期。』は、衣装のせいもあって、なんかドワーフとかホビットとかの小さい生き物の喜びの踊り、という感じがした。


● 吉川友は新曲の『ここから始まるんだ!』ではなく、その次にリリース予定の『ダーリンとマドンナ』という曲を披露した。吉川友は前の『こんな私でよかったら』は非常に良かったのだが、『ここから始まるんだ!』はひどくダサいピコピコ・サウンドになってしまっており、この『ダーリンとマドンナ』も同じ路線だった。正念場だというのに、気の毒だ。


● SATOYAMA movementというやつのDIYというユニットの『フォレフォレ(Forest For Rest)』が、たぶん完全口パクであっただけでなく、声をいじりすぎたのか、各人のソロ・パートがどれも同じように聞こえるという奇妙なものだったのだが、我ながら驚いたことに面白かった。ハロプロっぽくないパフォーマンスだが、人前に出せる。メンバーは徳永千奈美、夏焼雅、矢島舞美、中島早貴、飯窪春菜の5人で、体格の面で見栄えがする。


● その後にシャッフル・ユニットが4つ。譜久村聖、工藤遙、真野恵里菜、勝田里奈による『EVERYDAY 絶好調!!』が良かったかな。


● モーニング娘。の『The 摩天楼ショー』は、これまで『One・Two・Three』の衣装でのパフォーマンスしか見ていなかったが、今回の体の線を隠すコンサート衣装の方が曲にあっていたように思う。


● その後の20分続くメドレーは、人の出入りが多くてコレオグラフィーを作るのが大変だったろうなと思うが、これまでハロコンで見てきたものと比べると細かいところまで振りに工夫がしてあって格段に良かったと思う。というか、これぐらいにまで作り込まないとメドレーは散漫になりがちで、正直なところハロコンのメドレーには(全体曲にも)これまでいい印象を受けたことがない。


エントリを分ける。

Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2012 夏 ~Wkwk(ワクワク) 夏のFAN祭り!~ #2

とまあ、私としては素直に楽しめた部類に入るハロコンだった。と言っても、今回はこれで打ち止めにする予定なのだが。


● スクリーンに映る機会が多くなってきた道重さゆみはコンディション良好だった。ここ最近はコンディションの悪い姿をほとんど見なくなったように思う。勢いに乗っているということなのかもしれない。


● 私にとっての今回のMVPは譜久村聖だった。シャッフル・ユニットや全体曲など、モーニング娘。以外の曲であっても全力で踊る。普段から他グループのミュージック・ビデオやライブ映像を繰り返し見て、イメージ・トレーニングだけでなく実際に鏡の前で踊ってみたりしているのではないか、と勘繰ってしまうぐらいだ。自分がそのグループのどこが好きなのかを知っていて、それを自らの体で再現しようとしている、という感じ。モーニング娘。の持ち曲をやっているときよりも輝くというのは問題ありなのだが。


● 春ツアーがなかったスマイレージがどんな風になっているか不安だったのだが、悪い印象はなかった。ハロコンの中では先輩たちに気おされているかもしれないが、精度は上がっているし、和田彩花と福田花音の2トップ形式はちゃんと機能している。特に福田花音は初期メンバーが2人抜けたことの恩恵を最大限に受けた。ただ新曲はつまらなかったかな。

120811-nakano.jpg
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。