スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSIC JAPAN アイドル大集合 - 2010年5月30日

5月30日のNHK『MUSIC JAPAN』は「アイドル大集合」と題して、モーニング娘。を含む7組の女性アイドル・グループが新曲を披露するという企画を行った。( http://www.nhk.or.jp/mj/tokuban/contents/t_100530.html )。アイドルにはまったく興味がなかった私も、さすがにモーニング娘。に関心を持ってから周辺事情には目を配るようになったから、そこそこ楽しみな趣向ではあった。しかし残念ながら、この番組は、出演者にもいくばくかの問題はあっただろうけど、基本的には企画と制作のレベルの問題のせいで大失敗に終わったと言っていいだろう。本人や関係者たちが手応えを感じたのは、「ももいろクローバー」と、あとひょっとしたら「スマイレージ」ぐらいだったはずだ。

その中でもモーニング娘。は、舞台『ファッショナブル』とフランスで行われるJapan Expoの宣伝をかなりの時間をかけて行うことができたので、扱いはマシな方だったように思う。

Music Japan


高橋愛が口火を切った後、田中れいなが芝居の稽古の話をしたものの、それを受けて話を広げた司会者たちの問題もあって、アンプロフェッショナルな印象を与えるだけで終わった。その後、道重さゆみが「私は可愛い」ネタを行ったが、本人の言葉の選び方のせいもあって不完全燃焼に終わった。このような失敗の仕方は最近では珍しいように思うのだが。

失敗した「私はかわいい」ネタ

新曲の『青春コレクション』は、これがテレビでの初披露であるだけでなく、公の場で歌うのがそもそも初めてだったはず。ダンスはあまりこなれていなかった。また、「被せ」とマイクの音の配分に問題があって、口パクをやっているような印象を与えた。この点でもっと大きなダメージを受けていたのは「アイドリング!!!」だったのだけれども。

青春コレクション

道重さゆみは曲の冒頭で踊りのタイミングが一瞬遅れた(ような気がした)というハプニングもあったものの、全体的に調子がよさそうで、ファンとしては文句ない内容だった。

『青春コレクション』を歌う道重さゆみ

本人の当日のブログのエントリはこちら。
http://gree.jp/michishige_sayumi/blog/entry/442487039
基本的には「他のアイドルたちに接近できたのがうれしい」という一点で押し切るもので、実際にそう思ってもいるのだろうけど、アイドルとして無難な姿勢でもある。この「他のアイドルたち」にAKB48が含まれていた、というよりも、彼女がブログで名指しできずに「アイドル」という一般名詞で呼んでいる対象がAKB48だったことが、一部の頑ななファンの反感を買ったのは印象的な事件だった。
スポンサーサイト

美女学(9) - 20100604

『美女学』の第9回は前回に引き続き周冨輝を講師として道重さゆみを含む4人のハロプロ・メンバーが中華料理を学ぶ。今回はスマイレージのセクションが最初に置かれ、中華料理のセクションは2番手となっている。視聴率にはどんな影響があるのだろうか?

中華料理で使われる漢字を学ぶという趣旨で、まずは食材編。「肉」という字の意味を問われ、道重が最初に「牛肉」と答えるが、残りの光井、矢島、萩原が「豚肉」と答える。このあたりから、道重以外の3人が番組のことをあまり深く考えずに自然体で反応しているという気配が強くなってきた。
その後、食材の切り方や調理法を表す漢字を取り上げ、これらを組み合わせることで料理の名前ができあがるというふうに話が進む。ここはたぶん使える映像が少なかったのだろう、あっさりと進んでいった。

ゴマすり


その後ようやく厨房に入って実践編。中華鍋を振るときは、上にはねあげるのではなく引く感じで。運動が苦手なことで売っている道重はとうぜんまったくダメで、鍋に入っている豆を大量に落としてしまう。

中華鍋を振る

最後の矢島が腕力と運動神経を活かしてうまく振れたところで終了。

美女学(10) - 20100611

『美女学』の第10回は前回に引き続き周冨輝を講師として道重さゆみを含む4人のハロプロ・メンバーが中華料理を学ぶ。今回はスマイレージと真野のセグメントが先に置かれ、「課外授業」は最後だった。テーマは調理道具。

鍋が重くて持つのが大変ということから、料理人に女性はいるのかという質問。

mi20100611-001.jpg

100人のうち2人という答えだったので、比例計算好きを披露して「じゃあ50人中1人ということですよね」、「そうだね、計算得意なんだね、大したもんだ」という流れ。

次はテーブルに並べられた各種食材の名前を当てる。朝鮮人参、ふかひれ、ツバメの巣など。ピータンはダチョウの卵だということを「情報として知っている」と強弁して落差を作る。

ピータンはダチョウの卵

その後、調味料の説明を経て、タマネギのみじん切りの実技。道重は一番多く涙を流したものの、千切りにしかなっていなかったため、最下位の評価となった。

タマネギのみじん切り

大量のみじん切りを作ったプロの料理人がまったく涙を流していないのを受けての「もう涙も枯れちゃったんじゃない?」という捨て台詞が締めとなって終了。

美女学(11) - 20100618

『美女学』の第11回は前回に引き続き周冨輝を講師として道重さゆみを含む4人のハロプロ・メンバーが中華料理を学ぶ。今回がこのシリーズの最終回。

モーニング娘。と℃-uteの2組に分かれてチャーハンとシューマイを作り、対決する。道重はシューマイを担当。味付けにおいて慎重な矢島と大胆な道重という対比。

シューマイ作り

光井と萩原がチャーハンを作り、シューマイが蒸し上がったところで、周冨輝が判定を下すことに。

周冨輝による判定

周冨輝は作られた料理を一口づつ食べていくが、いずれも微妙な表情とうなり声。

判定を待つ

結局、勝負はモーニング娘。チームの勝ちとなった。チャーハンはどちらも「しょっぱすぎる」ということだったが、両人の調味料の入れ方の大胆さからするに当然の結果と思われた。シューマイは矢島の方が味が薄すぎたため、濃すぎではあるものの道重の方がマシ。総合してモーニング娘。に軍配が上がった。

これで中華料理は終わり、次週からは同じメンバーで八景島シーパラダイスで動物の飼育を学ぶ。

美女学(12) - 20100625

『美女学』の第12回は、前回と同じメンバーで八景島シーパラダイスへ。冒頭の挨拶で朝8時と言っていることからわかるように、横浜中華街よりも先にこちらに来ていた。

八景島シーパラダイス


作業服に着替え、矢島がサバの三枚下ろしを試したのち、アシカ科のオタリアという動物に餌を与えることに。

オタリアへの給餌

その後、萩原と光井がサメに餌をあげて終了。
プロフィール

shigefan

Author:shigefan

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。